動いて打ったら、元の位置に戻る
2011年02月17日 (木) | 編集 |
振替で木曜日に。4名。

アップ(アプローチ~ローボレー~下がりながらスマッシュ~詰めて決めボレー~下がりながらスマッシュ~詰めてボレー:クロス。ストレート)

ハイボレー;サイドから出発~センター~逆サイドでハイボレーをクロス。逆クロス。フォアハンド、バックハンド。
体伸びてラケット自分の方へ引っ張る。

ジグザグ:クロスから球出し。雁行前衛のパターン。
センター通って自分方向のクロスへ抜けるボールを斜め左前に詰めて逆クロスアレー打った後すぐに元に戻る(右へ移動)。
アレーへ打たれたボールを右斜め前へ動いて、クロスアレーへ打つ。即座に左へ戻る。

相手の返球を想定するわけ。斜め前に動いたら、自分の陣地で打ってるんだから、逆側が空く。すぐに戻らないと守ってくれる人はいない。打ったボールを見送らないで戻る。体に覚えさせる。

次は1つめと逆に球出しがすぐ来る。1つ目のボールは「仕掛け」のボール。相手がそれをなんとか返すので相手の体勢は崩れてる(陣形も)それを逆サイドに「決め」ボレーする。決めボレーは叩く。深く叩いてはいけない。必ず、アレーへ外へ逃げるように打つこと。

打ったら逆側へステップして逆側でまた打って、その後その逆へステップして終わり。
引っ張る側は、しっかり最後までボールを見ていないとフレームショットする。

ボレーの打ち方(オカモ風):体の前、もしくは横からスタート。体より後ろにラケットは行かない。前がいい。前にラケット高くフォア上げて、そのまま前を通ってグリップをへそまで持ってくる。私は体の横で終ってるらしいので、へそまで持ってくること。フォロースルーつけるってこと。
へそまで持って行ったらそのままバックハンドに移れる。脇は閉めるがラケットは前でへそまで。

形式:相手の位置や動きを常に見ていること。
相手が後ろにステイなら前に落とす。無理矢理前衛にぶちかまさなくてもいい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック