並行陣対雁行陣のストレート展開
2011年03月22日 (火) | 編集 |
6名
アップ

アプローチ~ローボレー(クロス深く)~下がりながらスマッシュ(しっかり左手を斜め前に上げて横向く)~ローボレー(ショートクロス、沈める)~下がりながらスマッシュ~詰めて決めボレー(クロスアングル)。
このセットを、両サイド、フォアハンドばかりバックハンドばかり。

スマッシュがひどかったのか。
両サイドのサービスライン前から、スマッシュを3点(ワイドクロスはスライスかけて、センターは少しだけスライスかけて、ストレートはフラットで)に打ち分ける。

打つ瞬間までボールを見る。そのためには、手を上にあげて自分の打点で打つ。慌てない。
前にミエコーチに言われたように、コンチのままで小指から入って親指で打てばフラットになるように打つ。

両サイドサービスライン付近。バックハンドで取るようにロブが上がるから、以前やった深いロブをカットする時の打ち方(肘上げて曲げ、面を自分側に向けてラケットを落とし、打つ時に手の甲を、手前~打球方向へ返す)で深く返したり、引っ張ったり。その後、前へ戻ってボレー。

ボレスト:
クロスで。ストローク側が球出しし、ボレーヤーは1つめのみ長く返す。後は自由だけど、ストローク側は上へ上がるためのボールを考える。まあ、普通はロブで。ボレーヤはこれをカットして返す(バックハンドハイボレーカットか、スマッシュか)。

試合形式:
並行陣対雁行陣。雁行陣のフォアサイド後衛から、並行陣後衛へクロスの球出し。並行陣はこれを後衛へ(クロスへ)返す。それを雁行後衛がストレートへ引っ張る。後自由。

並行陣前衛は、相手が並行陣だから(返りが速い)、センターTマーク近くで居る。じゃないと、センターが抜けまくる。どうしても、ショートクロスが気になる私は、サイドに寄りがちになるが、それだとストレートへ打った後のセンターが空くからNG。

???
だったけど、やっぱり、ボールをクロスに打った時もTマーク付近にいたらアカンと思う。ちょっとサイドをケアしないとあかんと思うな。それで、後衛がストレートへ打ったら、即座にTマークへ下がれば良いんじゃないかな?どうだろ。今は、形式で並行後衛はクロスへ返す約束だから、ストレート抜かれないけどさ。。。普通、自分の前にボールが来たのに、Tマークにいたら、ストレート抜くよね?うん。ボールがどこにあるかで、やっぱ変えないとね。でも、ストレート転回されたら、前衛はTマークってのは理解。

後衛は、並行陣になりたいなら、ストレートにロブを上げる。コーチのロブはねっとりと、ボールを面に乗せて運んでる。すんごく回転かかって、ゆっくりとしてるけど、イヤなロブ。あんなのを上げたいな。
ワイドやセンター深くに走らされた後衛は、思い切って打つんじゃなくて、ロブで時間稼ぎする。
並行陣側の人は、振られてオットットの時には、クロスに打たない。自分の前の人に返す。

「どうだ、どうだ、どうだ」と頑張りました(どうですか?と打つ時にボールを見送るんじゃなく、打ったら相手が返してくるのを待ち受ける)。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック