引っかかる感じ
2011年05月23日 (月) | 編集 |
雨で途中中止だけど、プライベートになった。

試合の報告をする。
風上からのスピン(ストローク、ロブともに)入らなかったこと。ボール一つアウトしたこと。

  スピンをかけるなら、風上だったらなおさら、引けてはダメ。特に、インパクトから上へ擦り上げる時が大切。そこに力を入れる。グリップを握って力を入れるんではなく(それだと面がガチンとなるので)、上腕二頭筋?(力こぶ)に力を入れて手首の角度を保ち、面を縦に使いながら上へ擦り上げる、そこに力をこめる。で、肘を上げきったら脱力して左手でグリップをキャッチ。
この部分を一気に思い切ってやらないで、途中で止めたり、中途半端なスイングをするとスピンがかからなくなって、風に乗るボールになる。

 とにかく、落ちるべきボールが落ちないのは、私も分っているようにスピンのかかりが悪いのだから、その原因を考える。

スピンロブがアウトするなら、スライスロブに変えれば良いと言われたこと。

 回転(スピン)という意味では、スライスもスピンなのだからそれでもいい。高く上げてしまうと、風に乗るから中ロブくらいで。そして、スライスでも厚く当てるスライスを打つ。

決めが決めにならないことについて。

 必ず決めようとする必要はないから、相手のいないところに打つ。
決めに行こうとするときの動きがゆっくりしてるから、もっとダダダっと速く動いて前へ詰め「打つぞ~~」って気迫を感じさせると相手は引く。これも大事。

パチンと打てないのは、前向いているから。

4-5のノーアドでポーチに行ってしまったことについて(外された)。
 ポーチにいくのは悪くない。
素直に行き過ぎるのが相手に読まれる原因。一つ左にフェイントを入れるとか、リターンならストレートに視野をやるとか、相手を惑わせること。
ポーチにいくのに、真っすぐ斜めに行ってしまうと懐が深い相手には外される。だから、フェイントを入れるか、最後まで待つか。

リターンが苦手なことについて。
 やはり相手を惑わせて、ストレートを見るとかする。
リターンの練習をするには、相手のフォルトを打ち返すこと(ちゃんと謝るといい)。

色々話したけど忘れた。。。

練習はショートテニスのみ:
アタリからフィニッシュを60度以上を心がける。
前でインパクトだけど、ラケットを縦に使い、とにかく縦に擦り上げる。縦に!

私の直したい癖はフォアは左肩へ引っ張ろうとすること。無理矢理左肩でフィニッシュしようとしてしまう。
ワイドに振られた時にこれをやると横振りになる。
この場合は、右肩の上でフィニッシュしても構わない。

自分としては、ボールの軌道上に軸足を滑り込ませたら「ボールの下側から打つ」ように心がけると、良い感じになる。
ボールの下側から入って、上へ擦り上げる。。。といいような。

スライスで滑るボールの時は特に、軸足を軌道に入れて(前の足をクロスさせない)、そのままラケットを上へ振り上げる。体重は後ろに残す。肘は上げる。

自分の打点をキープするのは重要だが、そのために後ろにステップバックして打点を前に保つのもいい。

今日はのろのろしたスイングは封印して、インパクトからスイングスピードを上げていった。そのままだと長くなるから、縦に縦に60度、70度で振り上げて。
やはり、ボールが高くなるから、テイクバックで面を伏せて前で取るように。肘の高さも調整して。

ボールがガットに「当たる」のではなく、「引っかかった(変なアタリ)」感じの時が“(トップスピンが)できている”らしい。すごくゴロンとして変な感じだったんだけど、あれくらいがいいみたい。
でもまだまだだわ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック