オープンスタンスでテイクバックは同じ
2011年05月26日 (木) | 編集 |
左足踏み込んでも体重は後ろ、体幹を意識する。ちょっと後ろにそり気味で胸を張るような気持ちで打てば、ラケットを上へ擦り上げやすくなる。

緩いボールをしっかり打つ:
勢いのあるボールは打ちやすい。勢いのないボールは飛んでこないから、右足からいくんだけど、余裕があればあるほどつま先を外に向ける。余裕があると、ボールを正面から見てしまいがちになる。これをすると横向きが崩れる。オープンスタンスでのインパクトのあとは軸足の膝を内側に向けて足で地面を蹴る(上げないこと)。これは股関節を使うので、股関節を柔らかくすることも大切(このトレーニングにはバックランが有効。つま先から踵の順に地面につける)。

踏み込んでも右足はしっかり踏んばる。左足は背筋を伸ばすだけの壁を作るためのもの。

フォアは右足から、バックは左足から軌道に入る。バックの時は特に、右足をクロスさせないように気を付ける(オープンスタンス)。インパクトの時、面は真っ直ぐにして上に振り抜く。打った後で踏み込み足がクロスになっていないか注意。オープンじゃないと、逆クロスからストレートに変えるのが難しい。股を開く感じか?スタンスを広くとれば、前の足がクロスする癖が直るかも。

このスタンス(足の形)を変えないで、逆クロスとダウンザラインを打ち分ける。軸足に体重を残した方がボールを後ろから見れるから、コントロールしやすい。そして、コースを変えやすい。逆クロスと思ってたけど、ダウンザラインにしたいときは、体を後ろに下げて打点を前にしてやる。

ボールが緩くて弾まない時、でベースラインにいる時:
ベースラインからどんなボールを打つか?
飛んでこないボールの打点は? バウンド後の山の頂点、少し落ちたところ、地面に近いところ、それぞれテイクバックは変えないで、ラケットの下げ方を変える。
たとえば、フラットの時はインパクトで握る。スピンは下げる。スライスは下げない。最初のテイクバックは変えずに一定させることが、安定に繋がる。
インパクトで胸を張ってラケットを上へ振り抜くと、打感がカシュっとなるように。

「来ないボールは近づいて、高い打点で打つようにしてるんだが?」
 決めつけないで、臨機応変に。フカしてしまうのは、面が上向いてる。ラケットヘッドをボールより下げる。そのためには、構えを胸の上にすること。私は構えが下がってくるから気を付ける。また、力は抜くこと。ラケットを上から下へ下げれば、無駄な力を抜きやすい。力を抜くのはゼロにするんじゃない。左手で楽に握れる感じ。

形式:縦ロブで抜かれて追いついたのをストレートに返したら、前衛に斜めにボレーされたと想定。この逆斜めに打たれたボールを追いかける。
やっと追いつくんだから、センターロブや、攻めるなら前衛と後衛の間、前衛の脇。クロスのワイドはペアが居るので打ちにくい。ロブの時に軸足に体重おいて、胸を張る感じでボールの下側をこすりあげ、肘を思い切り上げると良いスピンロブが。

ラケット下げて、体重を後ろに置いてれば、どんな(打点の)ボールでも打てる(地面に落ちそうなボールでも返せば有効なのだ)。軸足を意識すること。左手でテイクバックを回すことが大事。バックでやっと追いついたときはパスよりも、ロビングを主体で考えた方が良い(高いロブ)。フォアならパスを打てる可能性はある。


サーブ練習(リターン含む):
サービスボックスを二分割にして、打つ前にセンター/ワイド宣言して打つ。リターンはポーチされないように打つ。
相手が下がっていれば、短いサーブやシングルスラインの前の方狙ってスライス打つと有効だね。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック