体重は後ろで胸を張る
2011年06月02日 (木) | 編集 |
トップスピン:
インパクトのとき、後ろに体重をのこしたまま、体が弓なりになるように、右足に体重かけて、右足がしんどいくらい、打つ前に膝をしっかり曲げる。

足がクロスしないように。特にバックハンドは走った時に、左足から入った後に右足を寄せてしまうくせがあるから、気を付ける。その時に、肩がしっかり入るように同時に気を付ける。

テイクバックは早くしてラケットは下げるけど、ボールは高い打点で打つ方がスピンがかかる(ボールの下側から入れるので)。打点が低過ぎると(ボールを落としすぎると)、スピンがかかりにくい。

恐る恐る振らない、入れに行く感じで振らない。入るつもりでしっかり振り抜かないと。アウトしたとき、ネットした時の感覚を覚えて調整して行くこと。
私はラケットが下がりきらない癖があるから注意。

インパクトの瞬間から、押し出すとフラットドライブになる。トップスピンは押し出すのではなく、当たった後は垂直に(上に)擦り上げて肘を上げ振り抜いて、自然に脱力。体重を前に移動させると、どうしてもフラットドライブになる。軸足に体重を完全に残すことで、ボールを押せない状況を作り出す。

振り抜いた後、体がどうなってるか?右足に体重が残っているか?
残っているつもりなら、どれくらいが残っていることになるか?
全体重が右足に残ってるか?(右足一本で立てるか?)
ボールの下から打点が入れているか?
インパクトして振り抜く時に、前屈みになりがちなので、体はそり気味で、腰が先に出て、頭が後ろになるようにすればいい。

バックハンドネットする時は、力が入ってる。

ボレー&ストローク:
できるだけ相手にローボレーをさせる(ミスを誘う)。スピン系のストローク(したから上へ擦り上げる)回転かけて足元へ打つ。打点は高く、ラケットは下げて下から上へ。低いボールでも、当たった後押し出さずに、擦り上げる。ラケットを思い切り下げて、そのまま上へ振り上げる。肘の高い低いでボールの軌道を調整する。

スピンの感想として、フラットドライブの打点の範囲は長いけど、トップスピンは非常に短い気がする。なぜなら、擦り上げてしまうから。だから、正しい打点にいかにして入れるかがポイントであり、全てな気がする。ちがうのかな~。

ボレーは先日から、コンチよりちょっと厚めに持っているが、なかなかイイ。しっかり当てられるし、ぶれないから返る。このままいこうっと。

軸足がしんどいくらい踏んばる、ボレーも同じこと。特にチャンスボールであっても、軸足に体重かけて打つ。体幹を考えると、軸足に体重をかけた方が良い。私は、軸足にかけているつもりでも、ついつい前に体重が乗っちゃう。軸足を常に意識する、特にバックハンドが前の足にいっちゃう。股関節を柔らかくして、軸足で頑張る。ストレッチが大事。また、バックランで足の後ろの筋肉を老化しないように鍛える(特にふくらはぎ)。普段の何気ない動作でも、かかとを上げるとか意識すると違ってくる。

サーブレシーブ:
サービスも緩急をつけて。ちょっとはぐらかすように、緩く短いサーブも混ぜてみる。深いボールをフォアだと、構えられて打たれる。しかし、回転量を多くして浅いボールを打つと、相手は泳ぐ。そればっかりだと前に詰められるからダメだけど、織り交ぜる。
サービスして、ネットギリギリだとネットとラインの真ん中くらい。ネットを高く意識すると深くなる。

スピン打つ時は下から上に擦る。サーブも、ラケットダウンしてから下から上へ擦り上げると回転がかかって落ちる。これをトスアップを右斜め上のままで打つ。スイングの軌道中に止めないでスムーズに振り切る。

ゲーム形式;
サインプレーをする。サーブをセンターか短いかワイドか、ペアに知らせておく。

コーチ「コーチが短いボールを相手に送ったら、前へ詰めてください」と。
相手はロブかもしれないけど、コーチが後衛だから取れる。それより、短いボールをケアする。
また、コーチがロブをフォアハンドで追いかけた時、ショートクロスにスピンでさほど強くないボールを打ったら簡単に決まった。
とにかく左右に寄せて、その逆。前後に揺さぶってその逆、センターに寄せてワイド。これだけなんだよね。後は高低。

やっと追いついたボールを返すとき、どうしても打ちたいところを見てしまう。そうすると、体が前向いて全体を見ようとして、ボールは甘くなってしまう。それよりボールに集中して、ボールを見たその後ろから向こうを見た方が、空いているところを見ることができる。どっちも(どのコースも)打てるようにするには、横になることが大事。

ストレートを狙う時は、リードしているとき。リスクの少ない方を選択した方が良い。クロスでも、相手がロブを打つなと思ったら下がって待つから、待っている人に打たせないようにすること。相手が下がってるなら、前に打てば良い。スマッシュを打たせないように、もっと深く打つか、動かせること。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック