サービスダッシュ、ライン内に早く入る
2011年06月07日 (火) | 編集 |
早くサービスライン内に入って、早く並行になる:
どちらも後ろから。球出し側は、球出してから前へ出て相手がリターンする時にスプリットしてファーストボレー。そのペアは早くサービスライン内に入る。
リターンする側は、相手が打とうとしたら前へ出てスプリットしボレーでクロスへ返す。リターンしてない人は早くサービスライン内へ。

球出し側も、ファーストボレーはサービスラインより後ろになるだろうけど、打ったらすぐ中に入るように。後ろにいると、どのボールも取れない場所になる。ファーストボレーは強く入れる。コースも大事。相手のいないところへ打って、相手を振る。

サービスラインより後ろにいると、ボールが遠くて動かないととれないけど、サービスライン内に入れば、一歩で届くはず。

ボレー対ボレーで、足元に沈ませてというのは1つの作戦だが、熱くなるとボールが跳ねるから、沈ませにくくなる。だから、強く打って行った方がいい。サービスラインとベースラインの間くらいを狙って、強めに打つのを基本にする。冬なら足元を基本にする。

ストレートへ球出しして、続ける:
後ろ並行から球出しし前へ詰めてファーストボレーをどこへ打つか。相手を振る。アレーへ強く打つ。相手はデッドゾーンでダイレクトにボレーして返す。
サービスラインに入ってない時は、打ってから前へ進む距離を長く。入ったら下がらない。
スプリットステップ打ったら止まらず前へ少し動く。いつでも反応できる大勢になっておく。

下がらないで、前へ。詰めればチャンスボール!

サービスダッシュはサービスラインの手前で止まることが多い。だからファーストボレー後は早く中へ入る。

1ボールアウトくらいは試合では絶対に取っておかないとダメ。見送るな。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック