ロブをハイボレーでカット
2011年06月14日 (火) | 編集 |
高い軌道のボールをストローク連続10球:
打ったらすぐにボールが飛んでくるから、振り切ったらすぐにテイクバック。急ぐと私のテイクバックが直線的になるらしいので、振り切って左手でキャッチしてすぐその左手で回してテイクバックするよう気を付ける。打点も高めのままで擦り上げるようにする。低いストロークは打てないけど、スピンがかかって落ちる。
フォアばかり、フォアとバック交互。

ロブをハイバックでカットする:
センターTマークに並ぶ。スプリットしてから、コーチがバックに上げるロブを下がってバックハンドでカットして深く大きくクロスへ返す。
例のラケットセット。肘を曲げて上げて(高く上げる必要はなく、腕を下げたら肘が上になる感じで良いと思う)。ラケット下げて寝かせて、そこから振り上げる。フラットにならないように。横向いて後ろ向いたまま終ること。前向くと飛ばない。面は打つ方向でインパクト。インパクトで止める。ボールを落としすぎないこと。相手が並行陣なのを抜くイメージで。

フォアサイドのアレーに並ぶ。やはりバックに上げるロブを下がりながらカット。さっきと同じコースなので、ストレート気味になる。

ハイボレーした後、前へ詰めてチャンスボールをクロスアレーへ打つ:
ロブはアウトしても良いから深く。当たるところを見ること。すると、ミスした原因が分かる。短くなったのは、打点が前過ぎる(体より前になると)とボールは短くなる。サイドアウトするなら、面がおかしい。

ボールの回転は下から上へこするから、順回転のはず。
斜めに当てに行くこと。右肩から前を見るように。打点は少し遅らせる。

サービスライン付近にいる自分の上を抜けたボールを追いかける:
ボールの軌道によって、バックハンド、フォアハンド変えて、追いかける時の回り込み方も変える(自分の左に飛ぶボールはバックハンドが楽)。判断を早くする。大きく回ってボールの横に入り軌道からはずれる。ボールとの距離を考える。打つ前に相手を確認すること。
どちらに打つかは決めておく(打っては行けない方を避ける:前衛の方とかは避ける)。

回り込む~~一旦ボールから離れる~~近づく~~打つ。

フットワークの練習:逆で打つ。フォアで打つところをバックで打つ。回り込みを速く、遠く。

形式:
雁行対並行。並行陣の頭上(どちらか分らない)をコーチのボール出し(バックのハイボレーで打つロブ)から、それをカットして深く返す。相手は、バックのハイボレーと思ったら、ロブをケアして少し下がる。普通のボレーならそのまま。

相変わらず、チャンスボールの詰めが甘い。飛んでこないボールを見てないから、かする。あかん。。

雁行陣は前へ詰めるんだけど、相手が打つ前にスプリットして前へ行きかける。止まらないで。上がったなら不用意に下がらないで。
デッドゾーンで打ったなら、前へ詰めるか下がってストロークか早く判断して動く。そのままの位置ではいないこと。

ワイドに振られた時に打ち込まないで(打ち込んだら戻れないから一本で終ってしまう)、ロブ上げてしのいで、すっと下がる。

ロブケアってのは、サービスラインの後ろにちょこっと下がるだけでオッケー。
下がりすぎない。

打てる時にはしっかり打ってつながない。打てるのにつないでいたらあかん。
ペアが足元沈めたら、打ってない方は前へ詰める。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック