前衛の前には深めワイド、後衛の前には短く外へ逃げるワイドボレー
2011年07月12日 (火) | 編集 |
アップ
サービスライン一列:
バックサイドで;バックボレーでセンターへ~~フォアでクロスにドロップ~~下がりながらスマッシュを逆クロス。
フォアサイドは逆。

ドロップはネット越す。そのためには低い弾道じゃなくて、ふわんとしたので十分。外へ逃げるように。スマッシュはフォアサイドからクロスは打てるのに、バックサイドで逆クロスが変なのは、やはり体が開いてしまうからなんだろう。最後まで横向きキープしないと。。。

後ろ並行陣対前並行陣:
コーチがデッドゾーン当たりに球出しするから、それをハイボレーでコース狙う。狙いは両ワイドと、オーソドックスなのは、相手並行陣の2人の真ん中に沈める。ハイボレー打ったら、前へ詰めてサービスライン内に、相手が打つ直前にスプリット。後自由で。

ハイボレー、フォアの時は厚く当てるんじゃなくて、上から下へ擦り下げてスライスをかけてみた。結構滑るみたいだ。

打った後止まらないで、走って中へ入る。下がってハーフショットも良いけど、早く詰めてボレーがいい。

並行陣、ど真ん中に来たら両方が一緒に取る気持ちで。

ファーストボレー終わった時点で、次のボレーできたらサービスラインの中へ入る。ファーストボレーが良過ぎて、ロブケアはいいけど、見てて止まってるのは最低。

後ろ並行陣対決:

球出しクロス~~相手が返す~これを返しながら前へ詰める:
詰めてこられた方は、隙をみて、前へ詰める。自分のボール、相手の位置を見ながら出ること。必ず相手が打つ前にスプリット入れないと、足が出ない。

急に来たボールはクロスへ無理に持って行かず、打ってきた方へ一旦返す。前衛に持って行くのは最悪。

スマッシュは、相手がサービスライン内で打つなら、下がって返す。
下がりながらなら、下がらないで返す。

端っこ狙うボールは強くなくていい。ネットしないこと、越すことを考える。浮かすことを考えなくて良い。センター通すボールはクロスhr低いッ弾道で。

ネットに近づいてるのにネットしてしまうのは、ボールを見てない証拠。

形式:
2バックから。
球出しクロス~~相手はこれをアプローチして出て行く(深かろうが、浅かろうが出て行く)。相手ペアは敵がアプローチして出てきてから前へ詰めて並行陣になる。

どちらも、出て行きながら、相手が打つ直前にスプリットすることを忘れずに。スプリットしないと、相手のボールに反応できない。
ファーストボレーはコースつく。たとえば、練習した、緩くていいからドロップで外へ逃げるように打つ。

スマッシュは最初から前にいてる人に打たないで、後ろにいる人(チャンボを上げた人)の足元に打つ。

ボレー対ボレーになった。浮き球が来て、片方が少し下がったとき、下がった方の足元に打つ。どちらも位置が変わってないときはどちらでもいいから足元に打って、次で仕留める。

相手のスマッシュを打つ位置がサービスライン内なら、下がって取る。サービスラインより後ろなら、前へ詰めたままで取る。

チャンピオンゲーム:
サービスダッシュからの展開。
並行陣になったら(相手も)下がらない。落としたらアカンボールを落とさない。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック