アプローチして前へ出る
2011年08月02日 (火) | 編集 |
エンドラインをまたいで、他の人が後ろから手出ししたボールを打つ。ボールとの距離を取る。打点を一定に。右や左に行くのはNG。

エンドラインからハイボレーでセンターへ打って、前へアプローチ。サービスライン付近でスプリットして、ローボレーをクロス~下がってスマッシュをストレート~前へ詰めてハイボレーで決めボレーをストレートのセット:
どこでスプリットを踏むか、意識する。

2back同士で、後衛からクロスへ球出し~相手はクロスへ返球~これをアプローチ球打って前へ詰めていく:

打ってない方のペアは、ペアが2つ目打つ前に前へ出るが、ペアのボールを見極めながら出る。
アプローチが深ければ、ロブが来るかもしれない。アプローチが浅ければ、ショートクロスがあるから急いで前へ。相手が打つ前には必ずスプリットして動く。

ファーストボレーを何処へ打つか。浮かないことがまず第一。
自分の前へボールが行ったら、ストレートは死守。
ボールが沈んだら、飛び出す準備。
チャンスボールを上げて、相手が十分に打てたら、下がる。。。。

メンタルメタくだだから、PLAYもメタメタ。
ラケット新しくなった Dunlop Biomimetic600 いいのかどうかもわからないほどメタメタ。。。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック