軸はまっすぐ
2011年08月10日 (水) | 編集 |
久々の水曜日。
メンツが変わってた。2人は以前からのレギュラー(1人は友達)、後の2人が初級クラスの人。
楽しいんちゃうん?

ショートテニス:
水曜外れてからはやってないから新鮮。でも、何も言われず「いいですね。ボールとの距離もいいし、しっかり回転もかけているし、バックもずいぶん良くなった」
とにかく今は、距離感を意識し、左目でインパクトを見るようにしている。バックハンドはどうしても窮屈になりがちなので、気をつけよう。

ボレスト:
詰まってきて、ボールとの距離を取れないで、テイクバックが十分じゃないときは、自分が下がることで距離が生まれるから、下がりながら打つ。高さは肘の位置で調整。

ボレーの時、バックハンドで手首を返してしまうのは、左手で引くという感覚がないから。左手でラケット引いて、左手で打つようにする。左手のひらをラケット面と思わんとあかんね。

ボレーを上から下へスライスかけて押さえ込みたいんだけど、殺すんじゃなくて、滑るように打ちたいの。なかなかコツが覚えられん。

サーブ:
ここのところ、入りが悪いと相談。
ラケット背中でだらんを意識していてもそうなる、と。
体の軸が打つときに前に折れてしまっているとのこと。軸はまっすぐか後ろに寝かせて、体重は後ろのまま、前へ飛び出すのだ。
まっすぐを意識しただけで、ちゃんと飛ぶようになった。
さすがコーチ
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック