スピン養成ギプス
2011年08月22日 (月) | 編集 |
今日は一人。前にジュニア(中学1年と小学校)がレッスンしていて、ウチの生徒さんだったので「入る?」と聞くと「入る」と。コーチもいいみたいで、しばらく一緒にレッスンする。

逆クロス:
先週のテイクバックしたときのラケット面の角度(伏せ気味)を意識する。フォアはともかく、バックは伏せるとネットする。ので、肘を上げる。
距離を保って、前の目でボールを見て、軸足から入って。。。

バックハンドは、左手で打つようにするとスピンがかかりやすい。右手手動だとフラットになる。

高いバウンドを高い打点で打ち込む:
高い打点での打ち込みは。。。

軸を真っ直ぐ、というか胸を張るくらいで。
高い打点でも上から下じゃなく、下から上へ擦り上げるイメージで打ち込む。
これを後ろ体重で胸張って打つと、ドライブがかかってちゃんと入る。
後は、逆クロスで打ち込みなので、しっかりボールから離れて、ボールの軌道の横に自分を入り込ませるフットワーク。そして、打つ前にしっかり上体をひねる、かな。

もう何年もこれはやっているから、やっぱ、褒められた。

ここでジュニアはさよなら。

コーチとクロスでショートテニス。逆クロスバックハンドで。

やっているうちに、まず
 左手で打つ。
 テイクバックは後ろに大きく引っ張られるようなイメージで。
 右目でボールを見る。
 ボールから適度に離れる。
 下から上へのスイング軌道。


などを意識。
テイクバック小さくなると打てない。右目でボールを見て、頭残さないと、スピンが掛かりにくい。
テイクバック小さいと思ったら、体を後ろに逃がしてやるといい。


ここで「ボレーマスター」登場
コーチが6年前に、レッスン生に作って、試していたけど、私は仲間に入らなかったから、付けたことが無い。もっと以前にコーチは作っていただろうけど、最近、他のところから商品化されてる。

グリップの角度を保つための固定具で、グリップが前を向くようになってる。
ラケットヘッドから先に回らないようになってる。

これで、ストローク。
あれれ??全然打った感じが違う。
コーチの言う、あたりが軽くて、カシュっという音、バウンドは高く、DUNLOPの文字が回転によって見えなくなる。かなり回転数が上がって、バウンド後にぐっと伸びるそうな。

バックハンドはともかく、フォアは微妙に調整が効く。
だから、自分ではやってるつもりでも、インパクトまでに手首を返したり、ヘッドから先に回ってしまったりしているのかもしれない。

これを付けてると、グリップと手首の角度(120度くらい?)が保たれる。
何故かカシュっというトップスピンしか打てない。。。
スピンロブも、肘を大きくゆっくりと上げていくと良いロブが深く入る。

一番驚きだったのが、サービス:
もう固定具を付けてできないから、取る。
しかし、なんかスイングが違う。回転がしっかりかかって、サーブが入る、入る。

コーチ曰く「ストロークの時の手首とラケットの使い方が身についているから、そのままサーブに活きている」と。

口では言えないけど、ホンマすごい。

だから、コーチに借りたコーチ作の固定具、もらっちゃいました「もって帰っていいですか?」と。

試してみたくて、レッスン後、サークルテニスへお邪魔(良く予定にはしてなかった)。

固定具付けて、サーブもしちゃった♪
スピン掛かるけど、実践では、私はタイミング測るのに、飛び跳ねないようにしなくては。。。。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
相変わらず勉強になる記事を楽しく拝見しています。

ところで・・・このギブスってこの『スピンプロ』http://item.rakuten.co.jp/adots/10025707/ 
と同じ物ですか?実はとても興味があるんですが、こんなグッツばかりが増えているので、購入を躊躇してます。
アドバイスいただければ嬉しいです♪
2011/09/05(Mon) 17:20 | URL  | Guestさん #hVeRD/Zs[ 編集]
Guestさん、お名前を~~~。。。♪

面白い。私が知ってるのは「ボレーマスター」って名前だったんですけど、これも同じですね。
そうです、理論は同じ。
誰でも思いつくギアのようです。

で、買う必要はないので、自分で作ってください。デポなんかでリボンテープのホルダー(カチっと止める留め具がついたもの、ウチはPrinceのもの。)と太めのリストバンド(以前はエルボーバンドみたいなのだったけど、動かないので不便)を購入。

ラケットにグリップテープの止めるところに付ける丸いゴムをスロート部分に付け、そこへホルダーを輪になるように止める。ホルダーはリストバンドを通しておく。

ホルダーを腕に付ける。

解ります???
2011/09/15(Thu) 00:52 | URL  | Guestさん #-[ 編集]
名前入れているのにゲストになってしまうんですよ・・

お返事ありがとうございました。
アドバイスを基に考えていたら
サービス練習で手首を使わないようにと使用したボーリングの手首矯正用サポーターがあることに気が付きました!
2011/09/21(Wed) 11:26 | URL  | nana #6.e6ZSuY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック