スピン
2011年09月08日 (木) | 編集 |
やはりギアを付けて。代表様が喜んで付けている。

手首の角度を一定に保つためのギア。
準備の時から、手首の角度を付けて自分の方にラケットを傾ける。そのまま左手でテイクバック(右手ですると体が開く)小さくならないように。懐を十分にあけて、脇が体にくっつかないように。
手首の角度をつけたまま、スイングすると、ラケットヘッドが遅れて出てくるようになる。これが「しなり」。

前へ押し出すんじゃなくて、インパクトから擦り上げる。ボールの下側から入る。打点は落としすぎない。インパクト後、引っ張らないで、肘がそのまま上へ垂直?に上がるように。


手首の角度を保って、遠いボールを引っ張らずに、ナダルのように右側でフィニッシュする。

ショートテニス:
後ろに体重を保ったまま、頭とか上体を前へ突っ込まないで、胸を張る。後ろ体重のまま振り抜くと上へ擦り上げやすい。

バックハンドは、前回言われた「左手がフォアの右手のように動く」。
だから、左手首の角度を保って自分側へ傾けて、そのままテイクバックは小さくならず、後ろへ引っ張られてラケットは背中から少し見えるくらいに。腕はネットと垂直に後ろだけど、手首の角度があるから、ラケットヘッドが背中から見える。右肩越しにボールを見て、ラケットワークは下から上へ擦り上げて右側へラケットを引っ張らないように。インパクト後は肘を意識して、肘が垂直に上へあがっていくように。

フォアとかで左側にラケットをフィニッシュする必要はない。肘を上げてそのままで左手でキャッチしてまた準備。

ぼーんとボールが上へぶっ飛ぶのは、ラケットの先に当たってる。ということは、手首を使って、ヘッドから出てしまってる。手首は固定。

今日のヒットは:
「ラケットを下から、下から~~。レディポジションからテイクバック、インパクトまでの一連の動作を意識すること。時々テイクバックが下になってくるから」

準備で顔の前にラケットをセットして、手首の角度を付け、顔の前でラケットを回す。そうすれば、テイクバックが下にならないで回すテイクバックになる
これをバックも意識すると、いい感じのテイクバックになる。

走らされたとき、戻る時間を作るため、ゆっくりとしたボールを打つこと。速く打つと、速く帰ってくる。スイングをゆっくりすると回転は多くかかる(ラケット面に長く乗る)。
走らされても、体がひらかないように、左手でテイクバックをすると左肩が入る。

打点は前がいいけど、打点が遅れそうなら、後ろに重心を置いて、下がりながら打つと打点は自ずと前になる。

バックハンド:左手で角度をつける。フォアと同じ理屈なので、目の前を通してテイクバックする。


私はテイクバックが遅いので、相手が打つ前にスプリットして、速く準備。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック