決めのコース
2011年09月20日 (火) | 編集 |
振替多くて6名。

アプローチ(クロス)~~前へ詰めてスプリットしてチャンスボールをハイボレー(ストレート)下がりながらスマッシュ~また前へ詰めてハイボレー

フォアで、バックで。

シングルスラインとセンターTマーク、それぞれ1人ずつ:
右斜め後ろへロブが出るので、それをフォアでカットして深くストレートへ返す~元へ戻って短い浮き球をハイボレーで決める。

バックでも同じことを。

連続:
サービスボックス内に2人。ロブを下がって追い掛け、ロブカットしてストレートへ入れる。合計20球。
フォアで。バックハンドで。

同じくチャンスボールを前へ詰めて、センターベルトからサービスボックスを結んだ線をサイドラインまで引いて、その三角の中に入れる。合計15回。
ラケットを縦に使うのは、ネット際のみ。多少離れているときは、横に使って、ボールの横へ入り、距離をとって、肘が体の前へ出るように。

ストレート側の人は短いので難しい。クロス側の人はコントロール。

バックハンドではクロス側はコントロール。横に振ると難しくるなあ。ストレート側は逆から飛んでくるボールを逆クロスでストレートへ打つわけだから、ガシャらないように、横降りせずに軌道の上へラケットセットしてラケット寝かせてインパクトでぎゅっと立てて終わり、が一番ミスしなかった。

並行陣対雁行陣:
雁行の後衛からストレートへ球出し。並行陣はこれをストレートへ深くボレー。後は自由。

相手があからさまに打ってこようとしたら、並行陣クロス側がロブを警戒して下がるなんてことはしないでいい。打ってくるなら、前へ詰めてプレッシャーを与える。
ボレーボレーになったら絶対に下がらないこと。
片方へ二人を寄せたら、逆サイドのアレーへ逃げるようにボレーを送る。

どうにもこうにも私だけが下手な気がする。みんな速いボールに速い反応で、詰めがよくて恐ろしい。私はもう駄目だ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック