決まるコースに&踏み込んで
2011年10月04日 (火) | 編集 |
アプローチ~前へ詰めてローボレー~下がりながらスマッシュ~~前へ詰めて決めボレー。
全部クロス。アプローチのみ深く、後は先週のセンターベルトとサービスボックスコーナー結んだ線の内側に打つ(決まるコース)。
フォアで、バックで。


サービスラインのちょっと前で2人ボレー:
相手はエンドラインから突き玉クロスへ。1つ目はクロス深くへボレーで送り、相手がまたクロスへ突き玉したのを(決まるコース)へボレーして決めて終わり。

ただ、最初はサービスライン少し前にいるけど、相手がうとうとしたら前へ少し(1,2歩くらい?)前へ出てボレーする。ボレーしたらすぐ元の位置に戻る。相手が打とうとしたらまた1,2歩前へ詰めてボレー。

下がるのは「ロブケアしてますよ~」というアピール。前へ詰めるのは定位置に行くのと、前へ移動することで動くので、手打ちにならないし、そこからロブを打たれても下がりやすい(反動がつく)。
たしかに、ボレーはしっかり打てるけど、下がったり前へ行ったりすることに意識が行って、ショートクロス過ぎたりすると取れないやん。。。しんどいし。。でもええねんやろうな?


2バック対並行陣:
2バックのフォアサイドからストレートへ突き玉。これをボレーでストレートでもクロスでもいいから深く返す。相手は、一つ目は必ずストロークで返す。どこでもいい。
並行陣側は、(決まるコース)へ打つことを意識する。イキナリ打っても構わない。だから、ストローク側は、甘いボールを打たないように考えること。

サービスラインから前へ出てボレーしたら、すぐ下がる。相手打とうとしたときは詰める。
足を出す。手打ちにならない。

チャンピオンゲーム:
私はボレーの時も後ろ体重になっているから打ち込めないと言われるが、私は後ろ体重なのだ~~~!!!
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック