2011年10月13日 (木) | 編集 |
パターンをいくつか持っておく。

雁行陣から並行陣になるパターン。
おたがい雁行陣から、並行陣になる。相手が並行陣になったら、いきなりストレートロブをうつより、一度ボレーを突いてからストレートロブの方が有効。

ラリーして、アプローチして、アプローチして前へ詰める人は、相手がコートの外にいるのか、中にいるのかで動きを変える。相手が外なら、ロブが来る可能性がある。コートの中にいるなら、しっかり打ってくる可能性が高いので前へ詰める。

アプローチで、ドロップショットとか色々、同じペースで打たない。ストレートロブから前へ行ってもあり。ワンパターンにならない、同じ配球にならないように。短いボールをドロップショットして前へ詰めるとか、ストレートロブで相手陣形を崩して前へ出るとか、色々。


できるだけ、相手に並行陣に先になられたときには、むやみにロブを打たない。まずボレーを打たせる。足元へゆるくボレーを突かせてストレートロブなと打たせるほうがいい。右利きなら真ん中へロブもいい。


ナオちゃんには、雁行前衛にいるとき、ストレートケアしてセンターへ寄ろうとしたら、ストレートを抜かれた。タメが長いのもあるけど、ストレートへちょっと動いて牽制したから、寄るってことが経験から分かっている感じ。

アプローチを打って詰めて、クロスのボールをクロスに素直に返すのではなく、センターへ深くボレーすれば、相手はバックハンドだから、次にワイドに短く打って振って、そのつぎを元いた位置に深く打てば決まりそう。

T村さんは、常に、深く打ってこちらが後ろに追いやられたら、必ず短いボールを打つ。しかも、ゆるく。

ストレートロブで抜かれたのを追いかけて、後ろ体重でロブをあげたら、相手にも読まれるし、短くなりがちだから、ショートクロスに打ち込んだほうがいい。

アプローチからのドロップショットも有効。(ドロップショットでもテイクバックをきちんと)

バックサイドから:
イキナリフォアでダウンザラインでもいい。
球種も変えればパターンが変わる。
しつこく、真ん中真ん中を狙うのも、相手はポジションもどるのでいい。

一つの打ち方でも、球種を変える(スライスでゆっくり、速く、フラットで、スピンで)。アプローチは変化を持たせる、回転をかける。これで相手のタイミングが狂う。

サーブからレシーブで展開:

リターンのパターンを変える。ストレートロブ、ショートクロス等。

並行陣でストレートロブが来たら前へ詰めるとか、思い切って動く。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック