雁行陣はダッシュ
2011年11月08日 (火) | 編集 |
ストロークで:
アドとデュースコートに1人ずつ。
センター球出しをクロスへ沈める(相手は並行の想定)、斜め前へ詰めてショートクロスへ。
相手を沈めたら前へ詰めていって、決めるように、の練習。

ボレーで:
中央から順に斜め前へ出て行く。
右斜め前へ~フォアハンドボレーでショートクロス~斜め左前へ詰めてバックハンドでストレート~~下がりながらスマッシュストレート。

左斜め前へ~バックハンドボレーでショートクロスへ~~斜め右前へ詰めてフォアハンドでストレート~下がりながらスマッシュストレート。

ストレートばかり。
クロスばかり。
などなど。


雁行陣の練習:

雁行陣の前衛の仕事は、相手に好きに打たせないこと。相手が前衛がじゃまだと思ってロブしか打たないようになれば良い仕事。

サービスラインより1メートル以上前。
ポーチはおもいっきり詰めて。

前衛が下がるのは相手のポーチを警戒するため。相手が下がっていてポーチが無理なら、下がって警戒する必要はないから詰めたまま。

自分の前にボールが行ったら(ワイドにペアが打ったら)、サイドだけをケアする。センターへ意識を持って行くと、ストレート抜かれる。サイド死守。ボールの行った方へ動くこと。

後ろから前へ詰めて雁行陣になりたいなら、思いっきりダッシュする。
並行陣みたいにゆったりと詰めてたら雁行にはなれず、沈められてしまう。

スマッシュでも、(ストロークでもなんだけど)、体が前向いてミスしてしまうのは、打点はオッケーなんだけど、ボールが来るのを待ちきれてないの。
もっと下半身でリズムを取って、左手を上げたままにして、ボールをキャッチするつもりになってみたらどうかな?

ストロークも準備がはやい?やっぱ、待ちきれなくて、ボールがまだ来てないのに打ち始めてしまう。。。

どう調整しようか・・・
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック