ショートクロスの組み立て
2011年11月10日 (木) | 編集 |
ここのところ、スピン打つとき、インパクトの瞬間にグリップをぎゅっと握ってる。
それによって、ヘッドスピードを上げてるつもり~~♪
テイクバックもラケット立ててる時間を一瞬にしたから、速くなった~~♪

バックハンドはまだまだ。多分、左手をぎゅっとするんだろうなあ。。。

詰まったときは、前傾になる、テイクバックがちゃんと(大きく速く)できてない。

ストロークの時に、頭が前へ移動しないように軸を真っ直ぐに。
それには体重を後ろにという意識と、膝を曲げて後ろ足にしっかり乗っておくことが大事。

相手のラケットにボールが当たる瞬間にスプリットすること。忙しいけど、その方が動ける。
おお、打つ直前、じゃなくてラケットにボールが当たるときね!!
その方が、よく分かる。

今日のボレスト、
ストロークは何でも返せた。
急いで打たないように。
今、早く打つ病なので、それは、膝をしっかり曲げて体重を後ろに乗せておくことで、多少早くなっても調整ができる。前体重や、つま先立ちしてたり、棒立ちしてたら、前で打ってしまう。
膝曲げる!!
左手も出しとく。
バックハンドはボールを凝視しよう。

形式:
コーチペアは雁行から(コーチ前衛)、相手は並行陣

並行陣後衛から、雁行後衛にボレーを深く返す。
雁行後衛は、これをクロスへ沈める。アングルに打っていい。
並行後衛は、このボールをアングルに決める。

アングルに打つと、アングルに返ってくる(相手フォアだから余計に)。
打った人は、これを意識して、ワイドをケアする。
ボールの前の人(前衛は)、詰めて相手にプレッシャーを与えて、ストレートとセンターをケアする。
ロブ抜かれるのは捨てる。

厳しいアングルで走らされて打つときに、まずストレートに打ってくることは少ない。
とにかくネットに詰めること。



サーブ;
同じ球種ばかりを打たない。
一巡して、相手が慣れているなと思ったら変える。コースも変える。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック