テルちゃんレッスン体験
2011年12月07日 (水) | 編集 |
サービス&リターン:
それを返して終わり。フォルトはダメ、アウトもダメ。2球で終わりだから、丁寧にやること。

ボレーボレー:
4人で1つのボール。同じ相手には返さないこと。つまりは一定方向になるってこと。
ボレーするのに引かない。ラケットは眼に見える範囲で。前で処理する。ラケット振ったり、引っ張ったりしない。グリップエンドから打つ。当て返し。ボールは足で運ぶ。低いボールは膝を曲げて。

続ける。そのためには「荒れない」ボレーを。そのためには、コンパクトに前で当て返し。

ボレスト:
ストローク側は沈めることを意識する。ボレー側は深くボレーを返す。ここでも、ボレーは前で当てる。足でしっかり運んで深くコントロール。腕でうとうとしないこと。腕で打つと、コントロール効かない。

サービス&リターン:
リターン側が前へ詰めてボレーの体制になる。いつ出るかは自由。急いででないでいいように。
ここでも、深くボレーをコントロール。ストローク側は沈める。

ここまで2時間。

休憩後はゲームしながら:
今はどうやら並行陣の練習らしい。
並行陣の前衛はネットに詰める。
私は立ち位置が後ろ気味とのこと。だから、余計なボールを触りたくなってくるし、横へ動きたくなってくる。ポーチも後ろからだから横へ動いてしまう。

テニスでサイドステップは殆ど使わないとのこと。

ポーチするなら前へ前への意識。詰めて決めるにも前への意識。横は要らない。
いつもよりしっかり前へ詰めてみる。ネットが近い。
この状態からならボールが来たら当てるだけで決まる。
届かないボールは触らなくて良いボール。出る余裕が無いボールも出なくても良いボール。
そういうボールを無理に出ても、切り替えされてしまうことになる。

並行陣になった時でも、前衛側は詰める。後衛がロブケアをしやすい。
前にいる人が足元ボールになって、ラケット面が上を向いていてロブが来るなと思った時だけ、下がり気味になってロブケア。

しかし、前に詰めていて、相手に詰めていることを意識させ、相手が打つ前にささっと少し下がってロブを打たせてカットする、という技もあるとのこと。

アプローチするのに、ワイドに打ってアプローチというのは「ない」。
ワイドに打つと、ワイドに返ってくる。そのまま上がればみすみすやられに行くようなもの。
できるだけセンター気味のボールを打って上がること。もしくはエンドラインに深いボール。
そういうボールを打てれば、慌てて上がる必要もない。ゆっくりラケットを構えながら上がっていって、相手が打つときには止まって、相手が何をするかをみる。


今日みたいな風の日は、ボールの軌道は最後までわからない。
だから、足をしっかり動かして、打つまでは足を微調整する。これを身につけるには風の時だけじゃなく普段から足を微調整で動かす癖をつける。

決めようとするのに、相手後衛に打ち込まない。二人の間を狙う。

相手を振ったなら、相手が元にいた場所より少し深い位置に打つと取りにくい。相手は元へ戻ろうとするから。

ワイドに来たボールを短く打つのは相手はケアしにくる。慌てて上がってきてワイドをケアするはずだから、ここでセンターを使えると、次にチャンスが来る。

センター深い中ロブは効果的だ。
これを打たれたら、クロスロブだけは選択しないこと(待たれているコース)。ストレートロブか、上がってきている人のワイドに沈める。


なんか考えすぎて、振り遅ればかりになってしまった。
難しいなあ。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック