スピードガン
2011年12月15日 (木) | 編集 |
コーチがスピードガン持ってきた。
赤外線で打球のスピードを測るのかな?

ラリーの回数を数える:
サービスボックス内に入ったボールはカウントしない。
3分間で何球か、それを1分で割って、1分間のボールの数を見る。3回やって平均取る。
相手は毎回変える(4人いたから、3回)

私の平均は、1分間24回ほど。
短くなったのを入れてないから。
みんな同じくらい。23~26回/分。


スピードを測る。

1「自分が繋ぎ、と思っているスピードでのボール。滞空時間を長く」
みんな、スピンロブとかスライスロブとか天然ロブとか。。。とにかく、しのげるボール。

私の平均は70キロくらい。結構思ったより速いもんだ、10キロくらいかと思ったよ(瀑)


2「おもいっきり打ち込んでみる」
これがまた難しい。打ち頃のボールが来れば打ち込めるけど、なにしろラリー。
相手のボールが短めで高くはずめば体重乗せれるけどねえ。。。
でもまあ、遅いですが。。。

平均は80位。
最速が90キロ。


結論:
相手に「速い!」とか「遅い!」とかって、タイミングを狂わせるためには、スピード差を30キロくらいは開けないとダメ。

最速は変え難いのだから、最遅をもっと遅くする。

今のだと、みんな10キロ程度しか変わってないから、相手はタイミング取りやすい。
遅いボールを私は最速90に合わせて、60キロほどに落とす。
50台なら尚いい。
しかしまあ、60台はだしやすいけど、50台って難しい。
しっかり回転をかけて、ゆっくりふりあげていけばいいかな?
でも、どれくらいで、何キロか目安が解りました。

サーブもついでに計った:
某ジュニア中一Kくん(遊びに来てた)、彼は県でNo.8くらいなんだけど、130キロだって。
私の最速は100キロ。これを打つにはスライスサーブだとだめねえ(スライスだと80台)。
フラット気味で。

代表さんは110キロ出てました。おっちゃんも最速100超えだったなあ。いいな。

コーチは速いサーブより、遅くてネット際に落ちるサーブが大事って言ってた。


レッスン後、またもやスマッシュの練習。
代表Tさんに上げてもらうなんて贅沢な♪
クロスへ引っ張る方はまあ上手く行けてる。逆クロスへ打つ時が、やっぱり頭の上で打ってしまう。
もっと左手を使って肩を入れる努力をせねば。
マメに練習して、大苦手なスマッシュを攻略しよう。

その後、Tさんが、遊びに来ていた中1の県ナンバー8くらいの子K君を呼んで、ラリーしてたので、横で他のメンバーとラリー。でも、私もソイツとラリーしたかったから、途中で入れてもらう。
最初は同じように強打して楽しんでたけど、まあ、スピンで力の強い、足の速い、タメの深い、彼に勝てるわけはなく。最後の方は、オバテニで、K君の強打をぼーんと返しつづけたら、ミスが多く出た。まだまだだね、K君。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック