センターポーチ
2012年02月14日 (火) | 編集 |
ストローク打ち分け
クロス、ストレート、逆クロス、フォア、バック、長短

ローボレー:
エンドラインから、コーチ手出しボールをローボレーでストレート深く運ぶ。ボレー打つのと左足を踏み込むのとをを同期させる。打ったらそのまま前に出てまたローボレーをストレート深く。

フォアばかり、バックばかり。

フォアでストレート、バックでクロス


センターポーチ:雁行の設定。
アドのサービスラインからローボレー(フォア)をセンターに打って、そのままネット際の前に詰める。左右どちらかにチャンスボールが来るので、ストレート側アレーへ短く決める。
デュースコートからも同じことを。決めは必ずストレート側アレー。
センターポーチは出来なくても雁行後衛がとってくれるけど、ストレートは抜けたらダメ。

サービスラインからローボレーを打ちながらネットに詰めるのは雁行だから。並行陣だと、センターにローボレーを深く送った後は様子見ないとダメ。やみくもに出て行くとロブ上げられる。

試合形式:
雁行同士から始める。雁行前衛のコーチがストレートへ球出し。
これを後衛はクロスへ返し、また相手後衛がクロスへ返して勝負。
短く打ったら短く角度がついて帰ってくる。
深いロブで上がって、ボレーをアレーってのが好きなパターン。
ワイドに振られてやっと追いついたのをスピードボールで返しては駄目だ。分かってるのに、やっと返したらついついね。

センター突き玉は帰ってくることを想定しないとね。
速いボールを打って、反応できてないYさん。反応できないようなスピードでは打たない方がイイと思う。
アプローチを「前へ出ながら打つボール」としてここのところ打ってると、自然と前へいける。
ボールも深くなるし、一挙両得。

踏み込まれないように、深く、ワイドに追い出す、センターへぶち込み、ロブなどなど。


今日も一日絶好調でした。全勝~~♪
チャンスボールは相変わらず詰めが何歩も足りなくて、アウト、ネット。
まだまだね。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック