ボールの後ろに入る
2012年02月22日 (水) | 編集 |
50回ロングラリー
荒れる。Yさんが繋ぐことを考えず、好きに打つので、荒れる。短かったり、長かったり、左右に揺れたり。コースを間違えたり。他の3人は徐々に安定していった。

これを見てテルちゃんは、
ボールの後ろに入る練習をしましょうと:


ストレートでラリー:
前でとらえて押し出すテルちゃん打ちは、脇を締めて、テイクバックはコンパクト、軸足に体重乗った状態から、前でインパクトと同時に前の足を踏み出して、ラケットを前へ降りだす時に体を一緒に持って行く感じ。前に歩いていくイメージ。軸はぶれないように、前のめりにならないように。
練習するには、打ちながら前へ歩いていけばいい。

また、スイングスピードを緩めることを覚える。力いっぱい打てば打つほど短くなる。
面を上向けて軌道を高くすると、ボールは後は落ちるだけで短くなる。軌道を下げて、ネットの奥へ送り出すように押す。

間に合わなくなるのを防ぐため、予測を上げるより早いのは、テイクバックをもっとコンパクトにすると、振り遅れない。
前で打つために、最後の最後まで足を動かす。上半身をブレないように打つ。色んな場所(体の脇とか後ろとか)で打たないようにする。そのためには、追いつき過ぎるくらいボールに近づく。追いつきすぎてまずいことが起こらないようにするには、歩幅を小さくする。大きな歩幅で行くと微調整ができない。

前の足をすべらせるのはオッケーだけど、必ず最後にキャリオカステップを入れて、軸をぶらさないようにする

ロングの安定がないので、ストレート同士でサービスラインを絶対に越すボールを打ち合う。短くなったりサイドアウトしたら止める。

相手が打ってくるなら、相手の力を利用して、タイミングをずらせてやるといい。
最後の最後で面で変えてくる相手には、最後まで我慢して動かない。

相手が自分のやっていることを分かっているかどうか見てみる。ポジションあげたらロブを上げるか、下げたら上げなくなるのか。分かっている相手なら、前へ詰めてロブを誘ってから打ったら、それをスマッシュするとか考える。

体重をボールにのせるには、ボールの後ろに入ってないとできない。
打点は前だけど、打ちながら体重を前に乗せていく。


ボールの真後ろに入る練習:
球出しクロス深く~相手が打ち返してくるボールの真ん前に入る。おへそでボールを受け止める。
まん前向いて止まるけど、ボールに正対するときのポーズで止めるとバックとフォアの区別が付きやすい

ボールの後ろに入るとは、横に入るのではないと言うこと

ボールのま後ろに入ってから、クロスに打つ。それで詰まってしまて打てないのは準備が遅いだけ。バウンドする前には構えておくこと。
球だしクロス深く、相手はストロークをゆったり返す。このボールの軌道のまん前に入り、オヘソでボールを止めて終わり。


実際にボールを打つ:
飛んで来ている間に軌道の真後ろに入り、バウンド前に横に入るっていうか、打てるように自然に体を持って行く。これだけで、めちゃくちゃ打ちやすくなる。

前後が怪しいのはご愛嬌♪

ちゃんと後ろに入れていれば、当たりは軽いはず。

今まで球の後ろと思っていたのは、横着していたとわかるはず。器用になってるから後ろに入ってなくても、無理やり引っ張れるだけ。そうじゃなく、ボールの後ろに入り、ボールに正対して、打点を前で取れば、楽になる。ストロークもボレーも同じ。
球のコントロールがよくなる。そうすれば、ダブルスができるようになる。

後ろに入れたら、後は打ちたい方向へ足を出すだけでコースを選べる。
ストレートだろうと、クロスだろうと、打つ方向へ足を出す。
ボールの後ろに入るときにも斜に入るといい。真後ろに入るとフォアなような気がしてしまう。


形式:
雁行同士。
サーブで始める。レシーバーはアプローチを打って前へ出て行く。サーバの方は相手が出てくるまでは前へ詰めないこと、ストロークで相手の足元に沈める。沈めるにはスイングスピードを遅くしてボールを長く面に乗せる。

ファーストボレーをしっかり深く打つ。バックハンドになるように打つのがいい。

一本目を深く入れておいたのに、2本目で違うことをしたら、前衛は出られない。

アプローチを打って、先に攻めているはずなのに、サーバ側に逆に攻められて対応が後手後手になってしまう。
これはしっかりファーストボレーを深く打ててないから。ボレーが短くなったら、逆にやられる。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック