ボレーボレーからドロップ、ロブボレー
2012年03月07日 (水) | 編集 |
ストロークは手のひら側を空けて、指先でつかむ。
握ってしまわないことで、しなりを使う。
テイクバックが小さくならないように注意。小さくなると、ボールの伸びがなくなる。

ボレーは小指薬指で握って、指先側を空ける。手首の角度を保つ。

ともに、ラケットヘッドを先行しないように注意。肘を出さない。グリップエンドから、だよね。

ボレーボレーを続けて、逆クロスへドロップボレーとかストレートへのロブボレーとか。
ラケットヘッドを立てたままにしなくてはならないのでは、と思ったけど、コーチは別に立てなかったとしても、面に乗せて運ぶようにしたら大丈夫と。
ラケットヘッドを立てておかないといけないのは、当て返しの時のみ。

ストローク。フォアハンドの時に、なんだか体が開くのが早い気がする。
後、クロスへ打とうとして、横ぶりになってひったくる感じになる。
もっと肩を入れて、あごを左肩に乗せるくらいで、左手を残してって思ったけど、コーチが。。。

「頭を動かさないで残す」

と。
なるほど、それだけでいいんだね。

バックハンドはテイクバックが小さくなりがちなので、大きく後ろへ引っ張るよう意識する。
フォロースルーでラケットがくるんと巻きつかないときは、脱力できなくて力が入っている。
力が入ったストロークではボールは伸びない。

打点は、落としすぎてしまうとスピンがかかりにくくなる。高い打点で打つように意識すること。
特にバックハンドは打点を落とすくせがあるので、気をつける。



形式:
相手は並行陣。並行陣後衛にコーチが球出し。
これをアプローチして、前へ詰めてファーストボレークロス。相手は並行陣なわけなので、アプローチするには、ボールを沈めるとか、バックハンドへのロブを上げて(高いロブでなくても、相手を下がらせることができればいい。ただし、フォアハンドへは打ち込まれるので注意)して、前へ出る。

レッスン後のお遊び試合
4人いたので、組み替えて3試合。6先ノーアドをやったけど、6-4,6-3,6-2と全勝だ。
ちょっとすごいかも?
フォアからバックサイドへロブで振られて、やっとこ返すとき、ストレートへ打ち込めればいいけど、無理ならバックハンドでも体全体を使って大きく高さを出してロブを打てば、深くセンターへ返せる。これが打てたら、形勢逆転とまで行かなくても、体勢を立て直せる。
このロブは大事だ。。。もっと使わないと。

台形を嫌がらないこと。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック