代行コーチ
2012年03月20日 (火) | 編集 |
コーチが試合のため、代行コーチMJ。

ストローク:

高い打点のチャンスボール:テイクバックも高くキープ

ローボレー:深く運ぶ。体幹をまっすぐに、軸がブレないようにすると、低い姿勢で前へ踏み込んでもすぐに体勢を戻せる。

ハイボレーで決めボレー:ラケットの面を自分の方へ向けると薄いグリップになる。薄いまま自分の方に向いているラケット面を打ちたい方向へ押し出す。踏み込み足で威力を出す。

スマッシュ:かつぐのは上からでも下からでもどちらでも。上から担ぐと準備が速くなるが、速すぎてボールが来るのを待ちきれないなら、下からでもタイミングの合うほうで。

普通のスマッシュ。担いでから指差しして、ボールを待つ間足を動かして調整。打点注意。打点前。

短く打ち込んで高く跳ねるスマッシュ。打点は前で、打つ場所はボールの向こう側を打つ(位の感じで)。打点が高すぎるとこれはできない。体の前に打点を持ってきて、ボールの向こうを打つようにイメージすると、私にもできた。

アングルボレー:センターからスタートしてアレーまでラケットをクロス方向へ向けたまま走る。当てながら体を打った方向へ向けるように。

ドロップボレー(ストレート):アングルボレーの構え(クロス側へ面を向けて立てる)のまま走って行って、ボールを呼びこんで(クロスの方が打点は前)当たったボールが後ろに飛ぶような感じで当てる。

長くなるのは、まだまだ呼び込めてない。ラケット下げて寝かせてボールが面経由で後ろへ飛んでいくような感じで打つと、ドロップでしかも外へ切れていく。へ~~。


並行陣2人(コーチ一人)対雁行陣:
ボレーとストローク。
ストロークをクロスに打ち、これをストレートにボレー。打たれた前の人はクロスへ返す。
これをミスなく続ける。

ストロークをクロス~ボレーヤがストレート~これを再度ストレートへボレー~ボレーヤはクロスへ返す。

並行陣側の一人へコーチが球出し。これをクロスへ深くボレー~ストローカーはこれをもう一度返す~これをストレートへボレー~またストレート帰し~これを相手後衛前にいるコーチにドロップ。

形式:
ワイドへボールが行ったから、ペアはストレートを守り、私はセンターを締めた。結果、ワイドのアングルに決められた。私はワイドに寄るべきだったかというと、違う。センターでヨシ。
取りたいならセンターへ体を置いておいて、気持ちをアングルに持ていく。

テニスは決められたらそれでオッケーで終わり。
ちゃんとポジショニングしておいたらよし。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック