頭はラケットより後ろ2
2012年04月05日 (木) | 編集 |
4人。
調子がわるいのが続いてる。
Tさんいわく
「ボレー振りすぎ」
「ストローク置きに行ってる。振りきって」
自信のなさが、決めなきゃとボレーを振り、ストロークを置きに行かせる。


グリップを握らないで、ラケットを遅らせて、頭は置いておく。ラケットより後ろに。
頭を打点に残してラケットについていかないように。

オープンスタンスで。

そのためには、軸足を横に出すこと。
クローズスタンスより、クロススタンスより、オープンスタンスは振りぬきやすくなる。


チャンスボールをストレート:
ストレートへ打つことが苦手な場合が多い。

球出しをフォアとバックそれぞれ、すべてストレートへ打つ。
デュースサイドで、フォアハンドの時は逆クロスへ。
バックハンドの時はクロスへ打つくらいの気持ちで。

もちろん高い打点で。

形式:
コーチサーブ。
リターンをストレートロブ、ドロップ何でもいいから

Tさんのバックハンドでストレート打つのは分らない。
タメが長いのと、方が入っているからコース読めない。

ハイボレーとかミスするのは、やはり打つときに前向いてる。
横向きをキープできたら、もう少しなんとかなるかな。

ヘタクソでイヤンなるよ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック