2ヶ月達成
2006年09月04日 (月) | 編集 |
060828_2333~01.jpg先週水曜日で8週間になり、本来ならパッチ卒業予定でしたが、夏休みの追い込みで通院かなわず、しかも海やプール通いでパッチを貼る暇もなくで、8週間より早くパッチなしの生活が続いています。

何故か、何故か、ここんとこ吸ってしまいたい~気持ちがグルグルしてます。舌が吸いたいと言っています(不思議です)。もちろん、身の回りに煙草はないし、自販機に走るほど理性を失ってはいないので、吸うことはないでしょう。1ヶ月経つまでは「吸いたい」が「衰退」していく様を楽しんでたのに、2ヶ月になる今、“舌や口の中”がくれ~と騒ぐんです。

緊張感が緩んできているのかも。しかし、緊張感はこの先どんどん緩んでいくのでしょうから、ふんどしの方は締め直さなければ。「煙草をくわえてフ~っとする」行為が恋しい、というのもニコチン魔王の最後の罠ですかな。実のところは毒物注入。。。

某掲示板から金言
「タバコは麻薬」「自分はニコチン中毒患者」「卒煙は病気の治療」。

>この世にタバコの存在がある限り、一度は吸っているんだから
>完全に忘れ去る事はできないでしょうね。
>吸いたいって思ってあたりまえですよ、
>タバコのことを忘れる時間が少しずつでも、多くなっていけば大正解だと思います。
>それが禁煙継続に結びつくのですから・・・・

私の欲しかった答えがココにあります。恐らく私は、「そのうちタバコのことが頭から完全に消え去る」ことを欲していたんです。しかし、どうもそうはならない。焦り、コンナハズデハ。。。完全に忘れ去ることがないのであれば、一病息災。治ることのない病として、うまく付き合う方法を探すしかなさそうです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック