女性コーチ:サーブ後前へ行かずにステイする
2012年04月23日 (月) | 編集 |
振替。

アプローチをクロス〜詰めてファーストボレー〜チャンスボールをハイボレーとスマッシュ見極める〜下がりながらスマッシュ:
アプローチ以外はクロスとストレート打ち分ける。

ケイコーチは、ハイボレーとスマッシュの違いを教えてくれる。
判断は難しい。でも、殆どの場合はハイボレーだ。
スマッシュは余裕があるときしか打たない。しっかり打点に入れなかったり、ボールが速かったりしたら、スマッシュに見えてもハイボレーでコースを狙う。


アプローチを一本だけ打って、前へ詰めて交代:
クロスへ。
センターベルト付近通す。
ストレートを抜く
ストレートロブで。

形式練習:
サーバー1名のみ対雁行陣ペア。
サーブ2本のみ、ファーストとセカンド打ち分ける。

リターン側はリターンクロス、低いボールはクロスへ、浮き球をストレートへもって行く。
リターン側のペア(前衛)も、低いボールはストレート(相手)に一旦返し、チャンスボールはセンターか、前衛にぶつける。

リターンしたら、早いうちに前へ詰める。
ファーストボレー(バックハンドでローボレーになった)、ボールの軌道に入れてたのに浮いてしまってアウトしたーーー>丁寧にボレーをしようとしてラケットワークを止めてしまった。止めてしまうときはたいてい、ラケットの面は上を向いている時だから、そのままボールは上向きにボーンと飛んでいく。ラケットワークは絶対に止めないで、必ず自分の方へラケットを引いてくる。

ラケット言われたように自分の方へ引いたけど浮いた。ーーー>ボールを見てない。



サーバー側の時:
サービスダッシュするなら、めちゃくちゃ速く前へ行かねばならない。

サービスダッシュしないなら、サーブした後に(ちょこっと)前へ行かない。ちょこっと前へ行ってしまうことで、立ち位置が微妙になり、深いリターンに対応できない。
サーブしたら、ステイバックすると、落ち着いて相手のリターンに対応できる。

その後、ダダダッと前へ詰めたらいい。

浮いたらストレート。
低いのに、センターへ打ってしまうと、相手前衛が上手ければ面合わせで返される。
低いのは後衛へ一旦返す。

浮いたボールでも、ストレートと言っても相手にまともに返せば、返ってくる。
まともに打つなら、速いボールを打っては速く返ってくるので、対応できない。
まともに打たないで、速くなくてもいいからコースをつく。


形式の後、ゲーム練習(2ポイント、チャンピオン替え)

私は打ったら、ボールの行方を見ている。打ったボールを見てるから対応が遅れる。見ないこと。相手を見る。
打ったら構える。打ったらポジションに入る。



サーブの時のトスアップした手を早く下げないように注意すること。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック