ロブカット
2012年05月15日 (火) | 編集 |
振替さんで満員。
ロブカットの練習:

以前やったように、右ひじを上げて左は下げ、ラケットを頭の後ろにたらして、打つときには面を自分の方に向けるようにラケットを振りあげていく。そうすればインパクトの時に面がクロスに向くので、クロスに打てる。頭の上でインパクトしたら終わり。回転をかける。
大きく山なりのボールを打つこと。

並行陣で前衛側にストレートロブが上がる:

前衛さんは下がってロブをカットする。
ペアは前衛が逃したボールをフォローするため、一緒に追いかける。大きく回りこんで打つこと。近づきすぎない。

仕掛けた相手は、クロスロブを警戒するため、詰めないでサービスラインか少し後ろにいる。短くなった時点で前へ行けばいい。短くなったら、空いたスペースに打てば決まる。スマッシュが打てるようなら打つ。

また仕掛けた方は、相手がやっと返すのを見て、チャンスボールが来ると思い、詰めすぎてしまう傾向にあるので注意。クロスロブが抜ける。

ロブをケアーした方は、チャンスボール気味が行っても、相手がワンバウンドで落としたら、だだだっと前へ動く。もはやチャンスボールじゃないから攻める。

ストレートロブはまず返さないとダメ。どちらが返してもいい。
チャンスボールが上がったら、下がって的から外れること。
チャンスボールだったのを相手が落として返そうとしたら、前へ詰めて(前しかないと思う)、それをしっかりストロークで打つ。。


形式:
ボール出しクロス。後は自由。
ロブが上がったら、今日のやり方で返す。
短くなったボールの場合には、下がらないこと。
ラケットの構えを高くする。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック