スライスボレーと脱力
2006年09月13日 (水) | 編集 |
060906_0938~01.jpg今週は天気がぐずついており、今日は何故か肌寒い(10月下旬の気温だったそうで)。小雨降る中、明日が試合の人が多いためレッスンは強行されました。

今日のテーマは再び「スライスボレー」そして「脱力」!
脱力はどの程度かというと、ラケットをプルプルくるまで握りしめた後、ほっと力を抜いたときくらい。フォアは人差し指を伸ばし、中指と薬指と親指で支える感じ。バックは、親指と小指で支える感じ。。
おまけでレディポジションはラケットを立てるのではなく、バックが打ちやすいように左側に少しラケットを寝かせた状態だそうです。あら知らなかったわ。

フォアスライスボレー:右足から入り、体は横向きでテイクバック。インパクトはおへその前くらい。フィニッシュではラケットは上を向きますが、グリップ角度(110度くらい)はずっと変えないこと!また、水平にというか手首をこねたりして使わないこと。スライスロブはテイクバックをさらに下にして「く」の字を描くようにスイングして高く上げる。

バックスライスボレー:いやあ、苦労しました。まだ50%くらいの出来ですが。私はテイクバックしっきれてないようで、また、スウェイして頭が動き、インパクトが前すぎる、右足が前に出てしまう、などなど良いとこなし。。。(涙)。
正しくは、左足から入り、横向きでのテイクバックは脱力し、右手は親指と小指でラケットを持ち、左手で落ちないように支える感じ。ラケットヘッドは多少下に落ちます。右肘は体にくっつけないで上に上がります。スイングは後ろに引いた肘をそのまま前へ押し出す感じです。肘を押し出した方向にボールが飛んでいきました。私は片手でスイングすることになります。インパクトはじっとがまんして引きつけます。スライスは体に近い方が良いそうです。ほんでもってスイングしたあとは背筋が伸びる感じ。“パアっ”と開くイメージだそうです。

う~~む。。。バックのスライス、他の人たちはバッチシのようですが、私はまだまだ練習が必要だわ。とりあえず、終わるまでにラケットに当たって前へ飛ぶようになったのでよかった!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック