ロングのハイボレー、ローボレー、ミドルボレー
2012年05月29日 (火) | 編集 |
ロングボレー:
何故か手出しのボールで、センターエンドライン付近より、ストレート深くへのハイボレー、ミドルボレー、ローボレーをさせられた。フォアハンド(バックサイドにて)とバックハンド(フォアサイドにて)、それぞれ。

フォアハンドのボレーを長く運ぶには、すぐさまラケットを高くセットして、ラケットを右から左方向へ(つまり自分の体の方向へ)引っ張るようにUの字で胸の高さくらいで終了。前へつんのめっていくボールは伸びない。
当たる瞬間を見るくらい顔を残す。
バックハンドは右方向へ引っ張る(やはり自分の方へ)。

ミドル、ローはラケットセットの位置が変わるだけで、フィニッシュは同じ高さで。


バックハンドでの深いロブカット:
ラケットを背中に担いだ状態から、下がっていって打つ。
肘あげる。高い山なりの順回転を意識。
背中から左斜め前でインパクト。当たりはスピンだからカシュって感じで。しっかり当たるとそれはフラット。

両手で。
途中まで両手で最後に離して勝て手になる。
の二種類。
両手のほうが楽。

形式:
並行陣対雁行陣。
雁行後衛からクロスへ球出しして、相手はクロスへ一度ボレーで返してあとは自由。
ストローク側はいいけど、ボレー側の時、ボレーが飛ばない。ガシャる。
何故?何故?と思ってたら。。。

どうやら肩を入れてなかった。前を向いたままだった。ちょいと肩を入れたら、ちゃんと返るようになった。

Sさんの豪快トップスピンが強打でかつおじぎする。
それをつんのめってガシャる。
手首の角度を変えずにラケットを下げる。ワンバウンドさせる。前へ詰める。
等々、いろいろな対処はあるから、あいつのスピンを返せるようになろう。
Sさんはすごく上手になった。
同時に天狗になっている。こちらを見下しているのを感じる。

私も上手になって、負けないぞ。
あんなに性格の悪い人に負けたくない。。。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック