打点が大事よ
2012年06月20日 (水) | 編集 |
振替。Hさんと二人。

臨機応変な打ち方。ボールによって、スピンにこだわらず、スライスにしたりフラットにしたりする。

フォアのショートアングルを打つとき、走らされたときに、体が先に開いてしまい、サイドアウトしたり浮いてしまう。
クロスに打たなくてはいけないけど、ストレートの意識をする。
左手の意識をもつ。左手を横に出してインパクトと同時に右手と入れ替える。開くときは構えの時から開いてる。つまり、腰が常にネットに垂直だけどそうなってない。また、自分の打点が確立してないから、不安だからうつ方を見てしまう。クロス=ひっぱると思わない。

ダウンザラインのフォームのまま、クロスを打つ。またその逆。同じ構えでも打点が違うだけ。同じ打点でクロスとストレートを打とうとすると、引っ張ってしまうだろう。

引っ張るというイメージを取り払うこと。クロスは打点を前。
打ったあとに打つ方向を見るのはいい。打ちながら見ることを止めるには、ここで打てばここに入るというイメージをしっかり持つこと。
スイングは「置きに行く」のではなく「振り切る」。
自分で自信をもって振り切ることが大事。振り切る=速いではない。


逆クロス:
逆クロス〜ダウンザライン:
逆クロス〜順クロス:
逆クロス〜フォアのダウンザライン(バックのダウンザライン)
:胸の高さでダウンザラインを打つ。
振り切ること。置きに行かない。振りきって気持ちいい感覚を持つ。

前かがみになってないか。懐は深いか。
バックハンドはもっと後ろ体重で背筋を伸ばし、体幹がラケットの後ろにあるように。

自分の意識より更に体重を後ろに持たせるほうが振り抜きが良く、振り切ることができる。
ネットにかかるときは、持ち上げられてない。前体重になってる。膝を曲げるとかする。

フォアハンドのショートクロスは打点に集中して、打つところは見ない方が振りきって入れられる。
10球打って、10球入ることが重要。振りきって入ることが大事。置きに行って入るようではダメ。

「試合に使うには、シングルスラインを狙ってはダメ?」
「狙ったほうがいい。結果を見てあかんから内側に入れよう、じゃなく、練習でラインに入るショットが必要。結果だけを求めると、マッチポイント取られたときに入らない。」
「練習で完璧を求めていくようにする」

太極拳なんていいな。
ゆっくり振り切ることが難しいけど、大事。スライスなんかはゆっくりボールをガットに乗せるほうがいい。

「腰の上に常に頭が乗っていることが重要」「歩き方の練習」

逆クロス:
振りきって、サービスボックスのコーナーより内側に入らないように。
スイングが途中で止まってしまっても、そこから更に振り切る練習をする。
ヘッドを遅らせて打たないと、そこへは行かない。来るボールの軌道により、打点の違いを意識。

後ろに重心!!!
重心後ろでも、それが左に(横に)移動したらダメ。真っ直ぐか、前。
バックハンドでは、左手の脱力感が大事。構えをリラックスして、左肘を胸につけて空間を作る、なでがたで。

構えから始まる。構えが大事。グリップチェンジの中間地点。

体重後ろ=へっぴり腰ではない。
詰まった時でも、左足を後ろに逃すだけで、体重は軸足に乗ったまま。


サービス:
左手をもっと長く残す。打ち急ぐと、トスアップの後にすぐ下げてしまう。テンポも早まる。
左手を残すことでタメができる。
トスも大事なので、いいトスじゃないと打た
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック