ゆっくりコースをつく
2012年07月10日 (火) | 編集 |
ストローク強打(というか速いボール)を深く。

スライスでロブを同じコースへ。しっかりバックスピンをかける。そのためには高い打点じゃなく、落として引き込む。滞空時間の長いスライスロブを打つ。

コースはクロス、終わったらストレート。

強打で深くと滞空時間長いスライスロブを交互に打つ:

相手を惑わせる。タイミングをとりにくくさせる。

ボレー:

サービスボックスコーナーからスタートしてネット際センターへの球出しを、フォアボレーでクロスアレーへ。
そのまま打球方向へ進んでアレーへのボールをストレートアレーへボレー。

バックハンドで同じこと。

サイドを変えて、同じようなこと。

テルちゃんでやったように「打ちたい方向へ足を出して、その勢いでボレーして前へ進む」を守ったら、難なくすんなりできた。おかしくなったときは、体重が打球方向じゃないところへ逃げてる気がする。

ボレー対ボレー:
先週は速かったけど、今日は打ち込み禁止。ゆっくりしたボレーでコースをついて決める。
ゆっくりしたボールは打ちに行かないとダメ。足を動かす。ボールに入る。足で運ぶ。一歩で行かない。

相手のワイドへ行った時、ペアはボールについていくからワイドへ行ってしまう。
距離を保とうとして、ストレートアップしようと思うと、センターを締めて自分のアレーは取れなくなる。
Oコーチは、ボレーボレーならストレートアップとか関係なく、ワイドに行ったら、ペアを追い越してもいいからネットに近くなって、センターもワイドも取れる位置にポジショニングしろという。

しかし、それで私は両方共取れなくなりそうだ。。。。このへん、他のコーチに確認しよう。


ワイドに打たれて追いかけて返したら、反射で元に戻ろうとしてしまう。
そこへもう一度ゆっくりワイドに打たれたら返せなくなる。
相手を見て何をしてくるか観察しなくては。。。

相手が前に体重があれば、ロブボレーをするとか。
ワイドに追いやったら、ストレートを使うとか。
徹底的に同じところへ打ってくる相手には、元へ戻ったら相手の思うつぼ。NMのような気の強い人の場合は、セオリーより相手を観察だ。

ボレー&ストローク:

雁行前衛にコーチ。
コーチから並行陣前衛に球出しをストレートへボレー。
後は自由。
センターとロブを同処理するか。
NMみたいな強気の奴をどう料理したらいいか。打たせる?回転多めのスライスで誘うとネットするか。
緩いボールを上手く使うんだけど、浮かせたらあかんし。。。

詰めるときの「もう2,3歩前」これは何とか克服しないと。言われ続けているよ。

ゲーム形式:
全勝でした。
ホホホ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック