二人でポイントをとる
2012年09月12日 (水) | 編集 |
サーブリターン:
リターン側はリターンを深くセンター気味に送ったら、ゆっくりと前へ詰めていく。詰められた相手は、足元へ沈める。
ペアーを活かせるような、組み立てを行う。
どういうボールを送ったら、ペアが出ていけるか、活躍できるか。
ワイドにばかりボールを送るのはNG!

ポイントゲーム、1ゲーム:

相手の動きを見る。全体を見る。相手が上がってきたか(沈める)。
前衛は行くボールに反応する。来るボールにだけ反応してると、触ったらあかんボールに触ってしまう。
ポーチボールは相手の間を斜めに送る。

打つときに急がないこと。構えは速いから、空いてるところを余裕をもって狙う。焦らない。ボールについていくこと。ペアのうつのを振り返らない。怖いならしゃがむ。

フォアサイド、ストレートを抜く。どかんと打つんじゃなく、相手にバックで触らせてもいいくらいの速度で相手の奥へ打つ。それによって、次のクロスが楽になる。

深く打って、上がる。
ストレートロブが上がる。それは上がる人が取るべきだけど、前衛が下がって取るモーションをしたら取る!!

キープする練習:
二人でポイントを取ること。サービスゲームはお互いのやることを理解して動く。
二人でやろうとすることがみえているか?そのためには、まず球についていく、対する、相手を「張る」。

フォアの縦の奥を使う。
私が、前に沈ませてから上とかって思ってるのは、自分だけの話。1人で戦ってる。相手にプレッシャーされたら、ミスする。それを打つことでペアにどうしてもらいたいか、そこまで考えておく。
奥のセンターを上手に使って、前衛に行ってもらう。
二人でポイントを取りに行こうとすること。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック