手首の角度とテイクバック
2012年11月05日 (月) | 編集 |
逆クロス:
テイクバックは上から下へ。直線的に引かないこと。スピンは下から上へ擦り上げる。
相変わらず、上体が前へ折れないようにと言われる。真っ直ぐに!!
インパクトの後も振りきって、重心は後ろで反るような形。胸をはる。

逆クロスとクロスを交互(バックとフォア)連続:
振られているわけだから、高い打点にこだわらず、低い打点でいいから、打点を前にとって、自分のタイミングでしっかりスピンかけるように。自分としては軸足を軌道にしっかり入れて、膝曲げて打つ。コースを見てしまわないように。慌てないように。低い打点でいいと思うこと。
「決めてやろう」という欲を出さないこと。打点前で、下から上へ振り切ることでボールも浮かない。
テイクバックは一定に、空間をあけて、小さくならないように。

ラケットの角度は鋭角に保つ。
バックハンドのテイクバックでグリップエンドが、クロスに打つときはストレートくらいを向いてないとダメ。クロスに向いてる時は引きが足りない。テイクバックのタイミングもっと速く(準備早く)。

ボール飛ばないのはテイクバックが浅いから。横をしっかり向く。
上体が真っ直ぐ、もしくは後ろに反り気味(胸をはる)だといい感じになる。
懐をあける。肘を体につけてしまわない。つけてしまうとグリップを握って力が入ってしまう。

ボレー:
バックハンドボレーでは、テイクバックで少々面を寝かせ気味くらいのほうが、しっかりテイクバック出来る。引く、ではなく腰から上を横向くことで実現するように。

打ったあと、レディポジションでラケットが顔の位置にあるように注意。
握るとき、ぎゅっと握らないで「浅く(指先で)」握る。
ヘッド遅れるように。
角度が大切。そのためには、ラケットを下げないで顔の位置にあるほうが、準備も早いし角度も保てる。角度を鋭角にしないと、球が浮いてしまう。

私は、ボールが当たったあとに力が抜けている感じがする、抜かないで自然に。鋭角な手首の角度をそのままキープできるように注意。打ったとのレディポジションも顔に。バックは無駄に力が入ってるから、左手を意識(ほぼ左手で打つこと)。肘曲げて伸ばそうとしない。肘曲げたらそのままで打つ。
「キレのいいボール」が打てる。
姿勢は真っ直ぐを意識する。前かがみにならない。腰が引けない。後ろから前へ。

ローボレー:
迎えに行かない。飛ばないのはテイクバックが小さいからだから、ちゃんと横向く。
「いい感触」、とはボールが面に乗って、浮かない。

サーブ:
テイクバックを大きく。
インパクトで小指薬指をぎゅっと握るといい。
肘からラケットをふりだしてヘッドを遅らせると回転がかかる。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック