前に出ましょう
2012年11月26日 (月) | 編集 |
ボレスト:
ボレーから球出し。
決めることを考えること。深いボールを球出ししたら、相手は甘いボールを返してきた場合、詰めて角度をつけてショートアレーへしっかり叩くこと。

前向いて叩いてしまいそうになっても、左肩さえ入れてればなんとかなる。とにかく左手を斜め前か横にだすことが非常に大事。前向いちゃったと思っても左手を横に。そうしたら自然と肩が入るもんね。
そして高い位置にラケットセットして自分の方へ引っ張ること。

ドロップショットしたいなら、スイングを途中で止めない。止めてしまうとはじいてしまって長くなる。やはり同じように自分の方へラケットを引っ張ってくると回転がかかってボールが死ぬ。

ボレーのフォロースルーは自分の方へ引っ張る!!

並行をとるには:
相手が並行で、こちらが雁行の時に、早く並行をとりたいけど、ボールが速く帰ってくるし、ロブは抜けないと思うからなかなか前へ出れない。

と思ったが、

「出るなら出る」ですと。「良いボールを打ってるんだから、前へでたらいい」

アプローチというか、ストロークを打ったらとにかく前へ出る(打ってから出る、打ちながらはNG)。相手が打つ前にはスプリットで構えるから、ファーストボレーはサービスラインより後ろかもしれないが、とにかく出て、ファーストボレーしてまた詰める。そうすれば出られる。

デッドゾーンでいるのが一番いけない。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック