体を捻る
2012年12月04日 (火) | 編集 |
3人
体を捻る:
コーチが出だしのボールで。
軸足を前に出し、上半身を捻ってテイクバックした状態で、フォアなら左手は前へ出して待つ。落とされたボールを、前足を踏み込んでから捻り戻した力で打つ。腰で打つ感覚を身につける。
厚く握ると飛距離が短くなるなー♪

サービスからのボレー(逆のコースへ2つ):
サーブを打ったらダッシュして、センターへのボールはストレート、打った方向へ動いて次のボールはクロスへボレー。クロスはショートアングルだから強さは要らないので外へ逃げるようにコントロールして。

ボレーでラケットを下げない練習:
フォアハンドボレーとバックハンドボレーを速いテンポで繰り返す。
フォアを打ったらすぐにレディポジションからバックハンドへ。ラケット下げると間に合わない。
これをストレートへ深くボレーする。速い。

サーブからの展開:
両方共に雁行陣から。私はサービスダッシュした。K子さんに言われたように、何がなんでも上がる。ただし、ファーストボレーに注意。相手のボールによってはサービスラインより後ろでボレーかもしれないけど、とにかく安定してボレーを深く打ち、打ったら前へ行くよう心がけた。
ウイークポイントはショートアレー。だからできるだけクロスワイドへ送らずにセンター気味にボレーするようにした。

下がりながらセンターやアングルへのボールを追わない。常に斜め前へ取りに行く。
雁行でもロブは抜けない位置に立つ。
ストレートはどちらの足を前に出すか意識した。

「対する」「見ない」「反応しない」でうまく行く

クロスワイドへ打った後、タメて、センター寄りに戻る相手にもう一度ワイドへ打つ。
深く深く打った後に、アングルボレー、もしくはドロップショット。
ワイド厳しく入ったボールの横にラケットを入れて、さらに厳しくネット際へのクロス。

ポーチは後衛の前にアングルボレーをコントロールショットで、と決めとく。
ポーチ出るときにラケット面を決めて、ボールの横へラケットを入れる。
無理な体勢で前衛に緩いボレーを送っても、返されるよ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック