初レッスン
2013年01月08日 (火) | 編集 |
初レッスンだから、アップを長く。

ストローク打ち分け(バックハンドを私は注意しなくちゃ)。
深くストローク。サービスライン内に沈むストローク(これをゆるくじゃなくて、スピードあるボールで)。

デッドゾーンからロングボレー(短くならないように、慣れたらスピード上げて。そのためには高い位置にラケットセットして自分の方へ引っ張る)、サービスライン内に短いボレー(やはり高い位置にラケットセット)。

デッドゾーンでスマッシュ、長いスマッシュだから振り下ろさないで大きく(逆クロスは素直に打つ。クロスはスライスかける感じで引っ張る)

サービスラインから下がりながらのスマッシュ(球の後ろに素早く入る)

ネット近くでスマッシュ、叩きつけるように(球の後ろに入るのと、ネットに近づいて顔の前で打つ)

サービスラインからネットに近づいてチャンスボールのスマッシュ、たたきつけれるように入る。

まあまあスマッシュは難しいね。スライスかける方がマシ。


ローボレー:
深いボレーをローボレーで、コースはクロスか逆クロス、二球連続コースを変えない。5球連続、10球連続。
サービスラインより後ろにポジション、ボレーはサービスライン内で打ってまた後ろへ戻って、をやる。速く動く、素早く動かないと間に合わない、ボール見てたらダメ。コーチが球出しを打とうとするときはもう前に行ってないとダメ。

形式:
並行陣対雁行陣(コーチは雁行前衛)

コーチがストレートへ球出し、それをクロスへボレーして、後衛はクロスへストローク。後は自由。
打ちながら歩く、をやってなかったなあ。。。だから「足だして!!」って言われまくったんね。


雁行同士

雁行の前衛は、ジュニアなんかだと後衛は走り回れるからネットに詰めればいいけど、年なんだからなるべくストレートは深いロブじゃなければ抜けないほうがいい。

ストレートは絶対抜けてはダメ。

ペアが打つときはコースが目の端で見えて、かつポーチにかかったときにセンターを守れるようにサービスラインTマーク近くにポジションし、ペアの打ったボールについて前へ詰めるけど、動き過ぎないでいい。
二歩くらい?前へ行く程度でいい。
ネットより後だとストレート抜ける気がするけど、それは相手見て必ず取る。
センター気味のクロスに手が出ない気がするけど、前で取れるなら取っていいけど、後ろでとろうとするならやめておくらしい。でもさー、下がってるとクロスのボール、取れないのに取れる気がするんだよね。。その辺は、判断、らしい。


最後はゲームをしたけどね。。。コーチには勝てなんだ。最後に勝たせてくれたけど。

なんか、今日は腰が高かったし、打ったボールを見てたし、相手の様子を見てたし、なんかキビキビしてなかったなあ。。。
バックハンドはちゃんと打てていただろうか?聞くの忘れた。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック