テイクバックでラケットを肩にかつごう
2013年01月10日 (木) | 編集 |
テイクバック、バックハンドは左肩にラケットを乗せるように。
フォアハンドは最初ラケットを高めに掲げておいて、肘を支点に回していくように。

逆クロスのショートクロス:
フォアハンドがテイクバックでラケットが下がりきっていない、と言われる。
うーむ。

レディポジションでラケットが高いほうがいい。その方が最短距離でテイクバックできるし、窮屈にならない。低いと、窮屈になりがち。あごぐらいに掲げる。上から下へ回す。打つときは下から上へ。その方がミスが減る。
ラケットを低く下げておくようがいい。

フォアとバックを交互に速い球出しで、準備が出来ない状態を作ってる。その時こそ、自分のタイミングで打てるようにラケットを下げて打つこと。きちっとしたテイクバックが出来ていないとちゃんと打てない。テイクバックで回すことを意識しないと返せないので。
走らされたボールを高い打点で打てないので、重心は後ろ&低い打点で打てるようにラケットを下げておくことが大事。

ボレー&ストローク:

ボレー側はストローク側を走らせる。外へ逃げるアングルボレーなど。
バックハンドがしゃったのは、面から迎えに行っているから。面を打ちたい方行に向けたままボールを当てに行くとガシャる。テイクバックが大事。面を遅らせる、肘から出てヘッドを遅らせること。

ボレーでテイクバックするとコントロールが不安で、打ちたい方向に面を作って、軌道上にそのラケットをセットしてあたったら足で運んでるんだけど、それじゃあガシャリやすいと。軌道と垂直にラケットセットするんじゃなく、やはりラケット寝かせた状態からボールをグリップエンドでぶつけに行くような気持ちでヘッドをだしていかないと。

自分ではネットに近くてボールを落とせばいいのに、ボールが当たるところへ面を持って行ってはダメ。ボールの球筋に対して、ラケットをテイクバックで少し寝かす感じでいく。
面から出て行くと弾いてしまう。肘からでてヘッド遅らせる。

面に乗る、弾く。この違いを体感すること。

ボレーの基礎練習:
バックハンド、ラケットをオカモチのように、左肩にラケットを乗せる。出前のように。思いからヘッドが下がっていい。すごく近い。
フォアハンドも右肩に乗せてみる。ラケット近くなるから、顔の近くでボレーできるようになるかな?

実際にやってみると、ラケットは左肩にあるのに、ボールがハイボレーになってもミドルになっても、自然とラケットにボールが当たる。回転かかる。でも重いから違うかな?ちゃんとできたら軽いはずとコーチは言うが。

左肩に乗せて、右手の第一関節の高さとラケット面とが平行になるように、おなじになるように。

握ってしまうとダメよ。

打点はまえすぎてはダメ。もっと引きつける。
ボールが左にそれるけど、ヘッドの送り出す方向に注意するといいかも。

ワンバンのボールを同じかまえで打つ。
ワンバンだと、テイクバックをしっかりやることが大事。

ハイボレーは厚い握りのほうが力は入る。

テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック