ボールが行った方に動く
2013年01月29日 (火) | 編集 |
3人。
アップ。

ストローク練習:
自分からコーチへ球出しして、コーチのストロークと逆をする。スライスとドライブを見分ける。
コーチ、上段に構えるから、分かりにくい私は。

アプローチ〜ローボレー二本〜下がりながらスマッシュ〜詰めて決めボレー(クロスへ)
ローボレーが何本続くかわからないので頑張るやつ。

ボレー練習:
並行陣同士で。
コーチがクロスへ球出しするからそれをコーチへ(クロスへ)返す。
コーチはそれをストレートアレー(前衛が取る)か、ストレートよりのセンター(後衛が取る)へ打つ。
ともにストレートへ返す。


つまりこれは。。。
ワイドに打たれて、やっとこ追いついて返すときに、それをクロスへ引っ張ると、真逆になってしまい、打ってない人は素早くストレートケアに入らないといけないし、自分も体勢変えてセンター守らないといけなくなってワイドかセンターが空き気味になるので、厳しい。

しかし、とりあえずストレートへ返しておけば、そのまま相手に対峙してストレートケアをしておけばいいので、大きく陣形を移動する必要がなくなり楽。できたら、ロブがいいけど、無理なら打ち込む。


形式練習:
雁行対平行(コーチがアド)で。
並行陣から雁行の後衛へストレートから球出しするのをクロスへストロークで返す。後は自由。

大事なのは、ペアで動くこと。ペアでボールの行った方向へ動く。
雁行側が練習。相手平行なら、雁行側は基本、守備になる。
だから、後衛のペアが打つ前はTマークに陣取って、ペアの打ったコースへ動く。
クロスへ打ったなら、自分の前にボールが来るから、相手の前へ移動してストレートをケアする。
ストレートへ打ったら、自分はクロスになるので、センターを守る、前へ詰めることはなく、Tマーク付近に入ればいい。前へ出過ぎるとボールとの距離が近すぎるから反応が遅れてしまうし、ロブで抜かれる。
サービスライン付近でいいが、ローボレーが多くなるけど仕方ない。

自分の前にボールが行ったからストレートケアしてるつもりでも抜ける。
ストレートへよってない。十分じゃない。相手の視界に入るくらいにケアして寄る。
ストレートをしっかりケアしたら、ペアはセンター付近をケアする。ストレートよりのクロスでも前衛はストレートに寄るから取れないので、それもケアする。相手の体勢でどこへ打つか見当つける。

えー、前へ詰めないの?

って思ったけど、
相手が雁行だから。実際、ペアがクロスに打ったらストレートケア、ストレートへ打ったらクロスケアでTマークって寄ってたら、ボールが取れる。
おもしろーい(^O^)

テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック