ボールのある方へ寄る、カバーしたら戻る
2013年02月05日 (火) | 編集 |
アップ

ボレー:
走りながら。デッドゾーンあたりのサイドからセンター、逆サイドへ走りながら球出しをハイボレーでクロス(ストレート)へ。逆サイドは逃げるボールになるから、ボールの後ろに入りにくい。
走りながらだから、アレーのコーンを狙うときに、ずれを計算に入れないとダメ。

ミスするのは、ボールの後ろに入ってないな。
一番端に走ってボレーするときは、ボールは自分から逃げていく軌道だから、ラケットを軌道上に入れないとだめだなー。構えるときとインパクトの時ではタイムラグがあるから、ボールは逃げてちゃんと当たらない。

とにかく今日は反応が悪い。

ペアボレー:
コーチがアドサイドから並行陣(サービスライン)の二人に球出し。
コーチ側の人はストレート死守でコーチが構えたらサイドに寄る。
クロス側の人はセンター死守で、センターTマークあたりでコーチの方を向く。ショートクロスもありだけど、それは気持ちで守る。
共に、ロブは抜けたらあかんので詰めすぎない。

二人ともコーチの方のアングルへボレーを送る。

途中からショートクロスも球出し。これをクロス側はワンバンでいいから落ち着いてクロスへ返球してすぐセンターへ戻る。ペアーの方は、追い出されたペアのカバーのため、センターへ戻るが、相手が打ったら直ぐに元へ戻る。

フォアハンド側への動きが足りてない。バックハンドは苦手だからカバーしようと動くけど、デュースサイドへの動きが甘いから抜かれる。

クロス側の時に、センターTマークよりフォア側のボール(でもクロス軌道)はクロスのボール。私取れない。
ペアが取るかと思ってしまう。ダメ。ペアはストレート守ってるから、それは取れない。

ストレート側の時、ワイドへのボールは前へ出て取る。横や後ろに動いたらボールは逃げて遠くなるから取れない。

形式練習:
雁行陣対並行陣。
並行陣側からストレートへ球出し。これを雁行後衛はクロスへストロークで返して、あとは自由。

並行陣の動きはペアボレーでの動きを思い出す。
前衛の時、自分の前にボールが来たら、ストレート守り。ペアの前にボールが行ったら(ペアがストレートへ打った)、センターTマーク付近でセンター守り。下がってたら、取れる。

どうもストレート抜ける。下がってたら抜ける。でもそれは、サイドに寄り足りないらしい。

アドサイドにいる時、センターフォアよりに通るクロス軌道のボールを見送ってしまう。
もっとクロス軌道は自分が取る!という意識が私は必要だ。

返したら休憩していた今日の私。3本自分に打たれたらもう取れなかったなあ。。。
もう。。。。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック