スライスサーブから
2013年02月28日 (木) | 編集 |
スライスサーブから色々できる。スピンも打てる。
基本はスライスサーブ。

スマッシュの形から:

フラット
インパクトがフラットで当たる。その時のポイントは当たったときに、ラケットと肘をくの字にしておくこと。肘を伸ばさない。玉突きで確認する。腕を固めたり、グリップを握らずに、当たった後にラケットの重みで打つような感じ。肘を残して、そのまま脱力。フィニッシュでラケット面は外側を向く。打点は前。
フラットは当たったときの手応えがあって音もパカーンとするのを確認する。肘を伸ばそうとすると故障する。「く」の字が大事。

(アドサイドから)フラットで逆クロスへ打つとき、肘を「く」の字のまま、インパクトの時の面を逆クロスに向けて、当たった後に脱力。スマッシュは振り抜く必要はない。

(デュースサイドから)クロスへ打つときは同じく面をクロスへ向ける。

威力を出すよりも、相手が居ないところに打つとか、外へ逃げるように打って一発で決める。角度をつける。
スマッシュは振りきらなくていい。
当たった後のムダな動きはやめとくほうが打った後にすぐに構えられる。

スライスサーブ:
薄く当たって、フィニッシュで左脇で面が上を向く。

サービスラインから確認するように打つ。サービスボックスを超えないように。超えたら力加減とかトスの位置とかを調整。

サービスボックスを二分割。
サイドとセンター。コントロールには左手を使う。

フォアからサイドに打つには、左手を体の左脇に早く引いて体が回るようにする。
センター気味に打つには、左手を残す(左胸あたりに?)と体と肩の動きが抑えられる。
こうしてコントロールすると、右斜め前にトスアップしても、ワイドだけじゃなくセンターへも狙える。
最終的には、このスライスサービスの形で、トスの位置だけでスピンまで打てるようになる。

音がカシュっとなる。右側へ曲がっていって、低くバウンドして滑っていく。
フィニッシュでのラケットの位置に気をつけると回転がかかる。

デッドゾーンから打つ。
エンドラインから打つ。
回転をしっかりかける。
ボールを色々に変化させることでキープ率が上がる。

なんか回転と体の動きにのみ注意してたら、威力がなくなった。。。。
威力を出すにはテイクバックを大きく、スピードを出すには肩を縦に使うんだったなあ。(あっ、スライスは肩を横回転、フラットは肩を縦回転と言ってたなあ)。

逆クロスのショートクロスへスピン:
いつものやつ。
しっかり振り切ること。スイング途中で止めない。下から上へ、スピンを掛ける。

球出しだとうまく行く。慌てない、2バウンドする前までに打てばいい。体幹を保つ。そのためには軸足にしっかりのる。前の足にのったりクロスしたりすると体幹は保てないし、調整効かない。

追い込まれたとき、慌てないことが一番大事。ボールとの距離をしっかりとって、低い打点で打つ。
相手はエースを取ったと思ってる。返されても、オープンコートを狙ってくる。走らされて打ったら、逆に打たれるのはわかってるからすぐにグリップチェンジして戻る。一瞬でもボールの行方を見たらダメ。

シングルスライン上へ左右に4球;
走らされて逆転するにはダウンザラインを狙うしかない。
サービスライン隅においたコーンを狙う。


サーブ&レシーブ:
レシーブのポイント。

レシーブでエースを取れるのは。。。
ショートワイドに逃げるとか、ドロップショット。
ドロップショットは殺せたら決まる。セカンドでは積極的に使うといい。
レシーブを単調にしない。クロスは普通すぎる。

いい感じでストロークが打ててる時は、脱力できてる。ボールに近づきすぎることで窮屈になり、力が入ると打てない。今日は「押せない」感じの日だった。特にバックハンド。それは何故?
テイクバックが小さいか、ボールを呼び込めてないか、重心が高いか、軌道に入ってないか?なぜか分からないまま調子悪いまま。

ブロックして返したい時は、軌道に軸足を入れてボレーのように返そう。ボールを呼びこんで。
バックハンドで軸足をあげない。それは慌てて打ってるから。軸足に体重をもっと乗せたまま引きつけて打つこと。慌ててるんだなあ。。。それがすべて。フォロースルーでボールを打ってる。分かってるけど何故か修正できず。脚が動いてない。

スピンかかってるボールはバウンド後にぐっと伸びるから、それを計算してもっと下がらないと。飛んでくる時は回転量が多いから遅いけど、それに合わすと差し込まれる。しっかり軌道の後ろに軸足を入れるようにして、後ろから前へ移動しながら打つように
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック