ボールの後ろに入るため軸足を後ろに入れる
2013年04月04日 (木) | 編集 |
距離感:
特に、走らされたときのボールとの距離感。

ボールの後ろに入る:
ボールを追いかけて足を決めるときに、最短距離として直線的に行かない。走って行って踏み込むと、頭の位置が軸より前になる。これがミスの元になる。ボールからの距離を置いて、右足をボールの落下地点の後ろの方へおくと窮屈にならない。バウンドより遠目に入って、軸足のつま先を後ろに向けることで、ボールの後ろに入ることができる。できるだけ自分の打ちやすいタイミングで打てるように。

バックハンドでも、左足を後ろへおくほうが前後の距離感がうまくとれる。

できるだけ体が開かないように、肘から出てヘッドを遅らせる。グリップチェンジしてからテイクバック。
重心後ろ=体重が後ろに。かかとに重心を置く。体は真っ直ぐか胸をはる。
振りを大きく。小さくならない。スイングはゆっくりでいいけど振りは大きく

打ちにくい、ミスをする、のは詰まった時が多い。
ボールの後ろに入るように意識することで、これを避けることができる。
それでも近づいたら、軸足を中心に体を後ろに逃がして下がりながら、振りぬき良くすることができる。

落下地点、もしくは軌道の真後ろに入ることが大切だけど、計算ミスしたらアカン。斜めへの線だ。

振り回し:
左右にひとりずつ。ワイドに球出しを、ショートクロスかダウンザラインに打つ。スタートは真ん中
走らされて、間際になってからコースを決める、軸足を打った後にくるっと回す。そのままおいておくと膝を痛める。

今の私のテーマは「おかもち
おかもちはフォアもバックも。バックはいいけど、フォアが違和感ある。
今までは、ラケットを軌道へ差し込んでいた。オカモチにしたら、差し込めない。足で落下地点へ行かねば足らない。それでいい。軌道へはいれてないのがフォア。バックは入れてる。

ボレー&ストローク:
軌道へ軸足を入れて、膝をしっかり曲げて、テイクバックを大きく。スイングしながら足をぐっと入れる。それで、良いストロークが打てる。良いボールを打ったら、前へ出る。ぽちゃが多いから。

ボレーも、オカモチしたつもりでも、腕だけってのが多い。上半身を横向けてることが大切。
横向いておかもちして、ラケットでボールを受けてそれを足で送り出す気持ちでボレーをすればうまく行く。
横向いてたら、ラケットの面でコントロールできる。

リターン:

単調にならない。普段打たないようなコースへ打つ。ストレートを相手バックへ。スピンをロブ気味センターへ。
わざとストレートへフォルトのボールを打つ、ネットしたら台なし。
構えてる時に視線をストレートへ送る。

相手のサービスが速いときは、「ボレーのグリップ」スピンとか考えない。
ボレーのグリップでボレーみたいにスライスで当てる。
スピンでうつには余裕が無いとアカン。セカンドだったり、サーブが弱かったり。
それ以外はボレーのグリップ(ワングリップ)で打ったほうがいい。ワングリップでダウンザラインは無理。
ワングリップなら、ストレートロブをスライスでとか、ドロップとかもできる。

コーチサーブ:

生徒雁行でリターンを色々打つ。ワンパターンにならないように。
リターンからドロップとか。
私が打ちたいのはセンターへの中ロブだ。

サーブ;
私だけターゲットに当たらない。どうもまだサーブが戻らない。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック