ボレーのラケットを立てる
2013年05月15日 (水) | 編集 |
振替で初中級クラス。

初級の女性も一人。

腰をまっすぐかちょっと胸を張った状態で振り切る。頭の位置が、後ろの時のほうが振りきって、肘を上げやすい。ボールに対して下から上へ肘を上げる。ネットにかかるときは特にそう。もうひとつはスタンスを広めに取ること。

体重後ろにすると、面が上を向いてボールが浮く。。。
 面は体重後ろにしない時と同じ状態にする。上向かないように。面が先に出てもダメ。肘から出てヘッドを遅らせるほうがコントロールしやすい。

胸張っていると腹筋背筋使う。また、足は見えないはず。腰を付き出して、胸をはっているかどうかは、胸しか見えてないかどうかで確認する。そうすると肘も高く上がっていく。

ワンバンで打つ。レシーブを想定。クロスへ返す。レディポジションで懐を深く空間作る。ボレーの感覚のようにワンバンで打つ。沈めようとしてボールが浮くときは、自分で厚く握ったり薄く握ったりして調整する。速いサービスをレシーブしたり、スライスでドロップショットを落としたいときは薄いグリップがいい。

打った後に、手首の形を変えない。角度をキープ。その時の力加減をどうするか?

ショートテニス:
手首のコックがうまくできてきたと言われる。
ただ、スタンスが相変わらず狭いと。スタンス狭いと、懐も深く出来ないし、なにより軸足の膝を曲げてタメを作れない!!。

ストレート打つためにグリップエンドをちょい外側に向けようと意識する時に、グリップエンドだけを意識してしまう。それじゃ手首が痛いよ。まずは左手を前へ出して、体を捻ること。そしたら自然とグリップエンドはそうなるよ。

ショートバウンド:
ボレーのグリップで。スライスを打つ。軌道上より高く構えて、手首の角度は変えずにそのまま押し出す。

ボレー
ラケットを高く構える。ラケット立てる。
でも、私らは「おかもち」で寝かせるよう言われてるんだけど。。。
立てて、軌道より高く構えて、当てると当て返しだな。足を付けたら押し出せる。
縦面でボレーするとボールが麺によく乗る。ヘッドから出すとミスするの。
その時には、必ずボールの後ろに軸足から入ることを意識する。常にグリップエンドから!!


コーチに確認すると、オカモチがいいと。「おかもち」のまま、グリップエンドから押し出す。足付ける。

ハイボレーではグリップを厚く変えるといい。今は薄い。薄く持ち変える。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック