相手が打つ時にはコースを決める
2013年06月12日 (水) | 編集 |
というレッスンでした。

球出しからストローク:
コーチが球出ししたがすぐ、もしくは球出しする前に、コースを決めて宣言する。ボールがネットを超えてからでも遅いし、打つ直前では遅すぎる。

さっさとコースを決めておけば、相手も見えるし、ボールも見える。決めたらコースを見ないのよ!

ボレー1人対ストローク2人:
ボレーする人(一人)が打つ前にコースを言う(ストレート、クロス)。隣にはコーチが球出し。
相手が打つときには決めておく。判断を速く。
決めたら変えない。

形式:雁行対並行
雁行後衛から、ストレートへ球出しして、後は自由だけど、コースを速く決める。全員。打った後には何処へ打つかも決めておく。コースの正解とかは考えないで、どこへ打つか、今そこへ打ったことで、どこにオープンスペースができるかを考えながらコースを決める。
オープンスペースないようなな気がするなら、自分で作る(相手を少し動かして)


コースをさっさと決めてしまうと、そこへ打とうとして体の開きが早くなる気がする。
そうすると打点が思うよりも前になって、コースが狂う。
そのへんは、自分に言い聞かせて、足でそこへ打ちに行くように。
足を動かすことと、来るボール、狙うコース、その釣り合いをとることを練習する。

打つ直前にコースを変えるとミスする。
決めたらそこへ打つ。決めたところを塞がれても、決めるのが早ければ相手に打たせて反応することもできるはず。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック