ハイボレーのフォロースルー
2013年07月02日 (火) | 編集 |
ストローク:
10球連続で球出し。早い段階で出されるから、ヒットしたらすぐにポジションして次のボールを打つ。打ったボールを見てないで、次のボールのコースを捉える。

ハイボレー:
引っ張るコースと、逆クロス。
どちらも、ヒットの後のフォロースルーとして自分の方へラケットを引っ張ってその時力をいれる。

特にバックのハイボレー。
私はラケット寝かせすぎで、かつ体に近すぎる。もっと腕を伸ばして捉えるようにする。
ラケットを肩あたりで構えていて、ボールが来たらラケット立てて更に高く掲げ、左が高くなるように、ヒットした後のフォロースルーで肩甲骨付近にぐっと力が入る感じで強く押さえ込んで、自分の方へ引っ張って反対側の脇までもってくる。この、立てて高く構えるときに、すっと横向きをキープすればいいんじゃないかな?

これがちゃんとできると結構、強いボレーが打てる。
ヒット~ぐーっと自分の方へ引っ張る。でも横向くのは忘れずに。ヒットするときに前向いてたらあかんよ。

並行陣対雁行陣で形式:
Nがクロスラリーのボールをポーチしにくる。テーマとして、並行陣の真ん中(センターベルトより少し前衛より)を狙う。だったので、コースは読めているので、センターベルトより出張ってきて叩きまくる。
こういう時はストレートはがら空きよ。

並行陣の二人にガンガンボレーを打たれる。
こういう時は、きっと打てるってことはネットに近いはずだから、上は抜けるはずよ。

そのとおりざました。
こういうのも引き出しかな?
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック