打った方向へ歩く
2013年08月06日 (火) | 編集 |
アップ:
アプローチ〜詰めてローボレー(クロス)〜ネット際で決めボレー〜下がりながらスマッシュ〜詰めて決めボレー

ボレー:
並行陣の形で二人入る。
相手も並行陣で二人入る。
後ろからコーチがどちらかへ球出しするので、それを真正面の人にボレーで返す。
受けた人は、それをボレーでストレートアレーへ打つ(相手の脇へ逃げるように)。

次は、受けた人がボレーでクロスアレーへ打つ。決まるコース。
手打ちにならないように。手打ちではコントロールできない。
そのためには、打ちながら打つコースの方向へ歩くような気持ちで。実際歩けばいい。わざとらしく歩いて行ってもクセ付けのためにはいい。

並行陣対雁行陣:
雁行陣後衛がクロスに球出し〜並行陣後衛はこれをクロスへボレーで一回返す。後はフリー。
どうやっても並行陣が有利だ。
雁行だと、後手後手になる。一球ついて返すボールを厳しくボレーされちゃうとあかんやん。もっと空気読んでよ、練習だからさー。突き玉返すのは普通にクロスへ深く返してよー。アングルへ決めないでよ。そりゃあ、球出しボールは打ちやすいからアングルへ決められるでしょうよ。ほんまにNは仕方ないな。

打ったボールを見てたり、「あっ、ごめん」とか言ってる間に反応すればとれるボールは多いな。
追い出されたボールをクロスへ激しく返したらボレーされるわ。
ロブをうまく使う。コーチのような回転数の多い嫌なスライスロブ。
雁行から球出しじゃなく、コーチが雁行後衛に球出ししてくれるといいのになー♪
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック