2013年07月11日 (木) | 編集 |
グリップチェンジしてからテイクバック:


振り遅れたら、下がりながらヘッド遅らせる。慌てた時ほどそうする。その方がボールも短くならない。
調子悪くなると、打点との距離感が悪い。軸足に体重が乗ってない。
窮屈で振りきれないなら、ボールから離れること。

ボールのタイミングに合わせようとしないで、自分のタイミングで打つ。
軸足に体重乗せて待つ。

右足がしんどいほうがいい。フォアハンドは右足がダルイくらいがいい。

打つ前に動いたらダメ。
振り遅れるということは、ラケット準備が遅いかバウンドした距離感が短い。
ボールから離れなきゃいけない。
イレギュラーしてきたボールでも、下がりながら打つ。できないのは重心が軸足にないから。

頭が突っ込み過ぎたり、バックだと右足に重心があったりしてるから。
遅れまいとして焦って振ってもダメ。下がりながら時間を稼いで肘から出てヘッド遅らせる。
頭が前の足に乗らないようにすること。

これでいけると思う距離よりももっと下がってから入っていく。
ボールのタイミングに合わせようとしない。
スイングの後、左足が回ってはダメ。右足だけがくるっと回る(腰を回す)。

ついつい前の脚に体重乗せてしまう私。意識して軸足に乗せて、打った後なら動いてもいい。

バックハンド:
ミスすると、手首使い出す。テイクバック遅いのと、距離が悪い。下がりながら打つ。
肘から出てヘッド遅れてないで、手首使ってる。ラケット引くのが遅い!!
テイクバックしながらグリップチェンジではなく、グリップチェンジしてからテイクバックのほうが速い。

感覚で覚える。

バックハンドは軸足決めたらじっとしている感じがある。動く。
左手左足というのが大事。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック