緩く握る
2013年08月21日 (水) | 編集 |
振替に行く。

必ず、肘から出てヘッド遅らせる。
調子がわるいときは、ボールの球離れが速くなってる。それを防止するには、グリップを握らないで、肘から出てラケットを遅らせる。スイングの後は胸をはる。下から上へ振りあげて、体を反る感じでフィニッシュ。

オープンスタンスで打ち切る。
そのためには軸足をボールの軌道上へいれこむが、その歩幅が私は小さいので、フォアのときもっと大幅で軸足を踏み出すといい。
ここんとこ、重心が上がらないように平行になるようにしてる。すると力が伝わる。
膝をしっかり曲げる。

「ゆっくりスイングする」
速く振り切り過ぎないでゆっくりスイングするともっと回転がかかる。
高い放物線を描けるようにスイングする。ネットギリギリじゃなくていい(でも私らの普段はネットぎりぎり)。

ポーチ:
ネット際ぎりぎりでのポーチ。いつもの。
厚く握って前衛の脇に外へ逃げるコース。グリップを緩めて握るだけでボレー。ラケットの角度がすべて。
そのコースへ打てるようにグリップを考える。
返されたら、それも返球する。返球が真正面に来たとき、そのままの面で軟式風に返すのもいい(ネットに近いから)。

柔らかく握る:
指先だけで握るくらい。緩く握るメリットはラケットがしなる。固く握るとしならずに回転がかからない。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック