2013年08月29日 (木) | 編集 |
出だしのボール:
手応えがないくらい軽く打つ。それにはグリップに空間作って握らない。ゆっくり肘から出てヘッド遅らせる。
左足を踏み込む癖をつけない。右足一本で、右足は横へ大きく踏み出す。膝が伸びきってしまう癖は治す。
インパクトで肘を上げて、重力で下げる。

頭は絶対に動かさない:
動くとフォアがブレる。打った後はいいけど、インパクトまでは頭が絶対に動いたらだめ。
前体重をボールにぶつけるには、左足でなく右足。右足を曲げて、打った後は伸び上がってもいいけど、打つ前には曲げたまま。伸びた状態でボールを打ったら力が伝わらない。膝、下半身は曲がったままの方がいい。
スイングもスピード上げるには、若干肘を曲げたほうがいい。肘が伸びると肘に負担がかかる。
脇を締めるとしても、脇はくっつけたらだめ。

下がりながら逆クロス、詰めてクロス:
膝曲げることがミソ。しんどいけど、しっかりまげて体重乗せる。
下がりながらでも軌道を低く保つ。面を体と一緒に上を向けないこと。

ボールを落とさない:
打点を下げないで、高い位置でラケットをその下から入れていくとスピン掛かりやすい。落とすと乗せる時間が短い。

テイクバックを常に一定、安定させる。それが基本。


球筋が変わるのはスイングが変わってる。同じような球筋でスピンが打てるのはテイクバックが安定してる。左手でテイクバック支えることが大事。できないのは、フォア打ってからグリップチェンジしないままバック打ったりするから。球種を増やすには、フラットも大事だけど、並行陣相手にはスピン。
振り切る!!!思い切りよく!!
テイクバック(左手も)、に集中して、肘から出てヘッド遅らせる。

コーチ前:
フォアが左手を忘れる。肘が前へ行ってない。体が開いていても、肘を出せばいいんだけど、ヘッドを先に出してしまうから横ふりする。肘を出してあげることで振り抜きができる。右足を思い切って横へ。
肘をもっと前へ出すこと。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック