ストレートへアプローチ
2013年12月13日 (金) | 編集 |
ボレー:
サービスボックスの半分より前でボレー。センターボール、ストレートへのボール。
ペアがストレートへ打ったら、センターへ寄って下がり、相手のボレーに備える。

アプローチ:
クロスでラリーして、相手のボールが短くなったら、アプローチショットをストレートへ打ち、前へ出てくる。
アプローチの練習だから、あえて直ぐ返ってくるストレートへ。普通はクロスだけどこれで反応早くなる。
ロブアプローチは禁止。

早く打ったら早く返ってくる。
前衛に触らせる。そのためにはフォアにミドルボレーさせるのはダメ。
下がらせるとか、ボディとかバックハンドとか色々考える。

ストレートへ打つのだから、前衛にいたペアはすぐにセンターへ寄って下がって(サービスラインより後ろくらい)センターケアをする。ボレーされたら二人の間を抜かれるからそれをとれるように。

アプローチの前のクロスラリーが大事。しっかりラリーすることで短いボールが来る。クロスラリーはロブあり。

どこまでケアするか。
やっと取ったボールを前衛に返さない。クロスへ緩く打って時間稼ぐ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック