サービスではラケットダウンして
2014年01月09日 (木) | 編集 |
新年初の基礎レッスン。
コーチ遅刻で生徒はショートテニスを。

ボレスト:
なんか打ったボールを見てしまう。対応遅れる。振り遅れる。反応遅い。なじぇだ?
とにかく振り遅れる。
クマちゃんのボールが威力があるといっても程がある。前は普通に返せたのだから。。。
コントロール出来ない。ネットする。。。

すべて反応の悪さ?によるもので技術が落ちたわけではない。昨日一日寝て過ごしたからかなー。。。
テニスは今日で三回目だけど、火曜も鈍かったなあ。。。歳だなあ。。。

伸び上がりはスプリットで沈み込んでそのまま打つことで解消。


サービス:
初打ちで肩が痛くなったことを伝える。見てもらう。
ラケットを担ぐときに、いつも背中でラケットダウンするんだけど、できてない、と。
急ぐあまり、ラケット回してそのまま振り上げてる。肘から出てヘッド遅らせて、もできてない。
ゆっくりスイングして、背中にラケットダウンしてるか確認し、最後までゆったり振ってみる。
きちんと意識してラケットを背中で落ちるようにグリップゆるゆるでやったら、痛くないし、良いサーブも入った。

良かった〜♪

鈍かった反応は、レッスン後の遊びゲーム、3つ目でやっと去年のレベルに戻りました。
あー立ち上がり悪すぎ。
逆クロスでショートアングル&ストレートダウンザライン:
ストレートに打つときは、ボールをあまり落とさないで、ライジング気味で打つのがいい。

テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック